2012年09月06日

テレビ画面でYouTubeを鑑賞

「ニュースを見ています」「英語の勉強に使っています」「テレビには出ていないマイナーな芸人のネタを観ています」「ミュージックビデオをBGM代わりに流しています」

実は、これらはすべて“YouTube”でできること。なかには、YouTubeを見るようになってからテレビの視聴時間が減ったという人もいるかもしれません。

ただYouTubeは、パソコンやスマートフォン、タブレット端末で見るのが一般的。しかしそれではちょっと画面が小さいなと感じてしまいます。

そんな問題を解決してくれるのがI・O DATAの『LinkTV』。YouTubeをテレビ画面で楽しむための製品です。

特徴は、YouTubeをテレビ画面で再生できることだけではありません。もうひとつは 、再生が終了したら、次の関連動画やお気に入り登録した動画が自動で再生されるところ。パソコンやスマートフォンのように、ひとつの動画が終わったら、マウスやタップで操作する必要がないので、分割された長編動画などをスムーズに視聴することができます。

また、リモコンでテレビのように操作ができるのもポイント。さらにはよく視聴する検索ワード、例えば「ネコ」という単語をチャンネルに登録しておけば、ボタンを押すだけで「ネコ」に関連した動画の検索結果を自動で表示して再生してくれます。チャンネルは10個まで登録できるので、気になったチャンネルにザッピングも可能です。

ほかにも、再生中に投稿者ボタンを押すと、同一投稿者による動画を検索、関連動画ボタンを押せば、関連した動画を検索してくれる機能や、視聴の途中で電源をOFFにしても、次に電源をONした時は、前回見ていたところから再生が始まる機能もなかなか便利です。

とはいえ、回線が混み合っていたり、ネット接続のスピードが遅くて肝心の映像がカクカクしたり、止まったりしては意味がありません。パソコンやスマートフォンでは、よくありますよね…。

『LinkTV』では、気に入った動画だけを登録できるプレイリストを作成してオリジナル動画集を作ることができます。プレイリストに追加した動画は自動的にキャッシュされるので、スムーズな再生が可能。再生が途切れてしまうような容量が大きいハイビジョン動画も、コマ落ちすることなくスムーズに楽しめます。

普段からYouTubeのヘビーユーザーで、もっと快適に視聴したい人には、オススメの一台ですよ。
posted by ネット/家電を極めたい! at 13:13| Comment(0) | オススメWEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

ビックカメラとコジマ、商品券の相互利用を開始

 ビックカメラとコジマは、9月3日、両社が発行する商品券の相互利用を開始した。ビックカメラ商品券をコジマの各店舗で、コジマ商品券をビックカメラ(山口店・小倉南店を除く)とソフマップの各店舗で利用できる。商品券は店頭のみで販売し、商品券で支払った場合、現金と同率のポイントを還元する。

 ビックカメラは、今年5日13日、コジマと資本・業務提携し、第三者割当増資に伴い、コジマ株の50.06%を取得して子会社化すると発表。コジマの店舗ブランドは継続し、今後、商品仕入れや物流、店舗開発、人材などで連携していくとアナウンスしていた。その一環として、6月22日から、一部店舗で「ビックポイント」と「コジマポイント」を相互に交換できるポイント交換サービスを開始した。一方、コジマは、ビックグループのソフマップからノウハウの提供を受け、一部店舗で中古品の買取りを始めた。
posted by ネット/家電を極めたい! at 10:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
出会い女性登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。