2013年01月14日

[データ] ネット炎上 「テレビ・新聞が発端」が最多、もはや「匿名」など存在しない時代に

不祥事をきっかけにインターネット上で多数の批判や個人攻撃が集まる「ネット炎上」。2012年にネット利用者が強い印象を受けた事例としては「テレビ、新聞の報道を発端にしたもの」が最も多く、「企業の従業員による暴言や情報漏洩(ろうえい)によるもの」がこれに次いだ。こんな調査結果をニューメディアリスク協会がまとめた。
この調査は2012年12月19、20日に一般生活者、会社員を対象にインターネット上で実施し、500人から回答を集めた。普段使っているソーシャルメディアを尋ねたところ「Facebook」が18.6%で最も多く、以下は「Twitter」が11.8%、「mixi」が7.4%、「2ちゃんねる」が6.4%だった。ソーシャルメディアを利用していないと答えた人も44.4%いた。
2012年に発生したネット炎上の事例うち最も知っている人が多かったのは「お笑いタレントの母親生活保護受給」(59.0%)、次いで「大津市いじめ」(53.4%)。印象に残っている炎上の事例としては「大津市いじめ」が31.2%でトップ。
同年のネット炎上傾向全体について尋ねたところ「テレビ、新聞の報道を発端にしたもの」が印象に残っているという回答が37%で最も多く、「企業の従業員による暴言や情報漏洩を発端にしたもの」が24%でこれに次いだ(グラフ参照)。
個別の事例の中で最も強い印象を与えた「大津市いじめ」も、テレビ、新聞の報道が発端だ。ニューメディアリスク協会によると、この事例ではネット炎上時に関係者の情報も特定され、反省の色が見られないとして、さらに炎上を加速させた。
また学校や市も事実をもみ消そうとしているとして、大津市の教育長が襲われる事態にまで発展した。テレビや新聞が例え匿名で報道しても、インターネット上では加害者、被害者の名前などが容易に特定され、もはや「匿名」など存在しない時代になったと、ニューメディアリスク協会はまとめている。
posted by ネット/家電を極めたい! at 20:00| Comment(0) | オススメWEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマホ不正アプリ、1年で3百倍 トレンドマイクロ調べ

 コンピューターウイルス対策ソフト大手のトレンドマイクロは10日、基本ソフト(OS)「アンドロイド」を狙った不正なアプリ(応用ソフト)の累計確認件数が2012年12月に約35万種に達し、前年同月の300倍以上に増えたと発表した。アンドロイドはスマートフォン(多機能携帯電話)に多数採用されている。11年12月時点では約千種が確認されていた。
posted by ネット/家電を極めたい! at 16:55| Comment(0) | パソコン便利技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京は最貧!公衆Wi-Fi環境に一時帰国者の不満爆発

 海外のWi-FIユーザが日本に訪れた時の不満、「東京には街中にフリーのWi-Fiがない」という点だ。

 東京など日本の大都市には外国人旅行者を含め、短期滞在者が手軽に使える無料のWi-Fiがほとんどない。都市部では無線LANの電波は飛んではいるのだが、ほとんどは携帯キャリアや通信事業者が提供する無線LANで、事前契約者しか使用できない。昨年サービスを開始したローソンWi-Fiにしても、アプリを事前にダウンロードしなければいけないうえ、Ponta会員にならないと利用できない。短期滞在者にとっては敷居が高いだろう。海外には、鍵なしでログイン不要、もしくは店員にパスワードを教えてもらうなどしてWi-Fiを利用できるスポットが多く、日本はガラパゴス化しているというわけだ。

「ニューヨークは、公園など公共の場所で無料Wi-Fiが使える。ログイン不要で、誰でも使える。スタバなどのカフェや飲食店でも、ログイン不要の無料Wi-Fiがたくさんあり、街中でのネット利用は困らない」(ニューヨーク在住日本人)

「ベトナムの都市部はほとんどどこでも無料で無線LANに接続できる。屋台みたいな食堂や、個人経営のカフェまで普及しているんです。どこに行ってもネットに繋がるので、日本以上に便利です」(ホーチミン在住日本人)

「中国の都市部のカフェや飲食店には、店の無料Wi-Fiがだいたいあるので、みんな店員にパスワードを聞いてネット接続しています。ノートPCを広げてオンラインゲームをしている若者も多いですよ。一方、香港ではコンビニでプリペイドのWi-Fi利用カードが売っており、街じゅうを飛んでいる公衆無線LANサービスにカードのパスワードを打ち込むだけで使えます」(広州在住日本人)

「ドイツやフランスは公共の無料Wi-Fiはほとんどないけど、手軽に使える有料Wi-Fiはたくさんある。その場で接続して、クレジットカード番号を入れればすぐ使える。日本も無料でなくてもいいので、せめて観光客や一時帰国者が簡単に公衆無線LANサービスを利用できる環境を作ってほしい」(ミュンヘン在住日本人)

 日本では、唯一スターバックスが利用客向けに手軽に利用できる無料Wi-Fiを提供しているが、利用者登録が必要で、店舗内でそれを行なう場合、登録時に一時的に有料プランを購入しないと接続できないという絶望的な状況なのだ。

「無料Wi-Fi環境が欧米やアジアにも劣るのは、日本では“便利さ”よりも“治安”が優先されるからでしょう。確率が低くても、鍵なしの無料Wi-Fiが犯罪に利用されるリスクがある以上、社会全体がそれを認めないということ。極端な話、100万人が普通に利用して、便利に感じているサービスでも、犯罪が起こる可能性が1件でもあれば、それを排除しようというのが日本社会です。また公共の無料Wi-Fiの整備に関しても、役所や官僚は“万が一の犯罪利用”の責任を取りたがらないので遅々として進まない」(ITジャーナリスト)

 世界中でスマホユーザーが急増しているこの時代、外国人観光客にとって、渡航先のネット環境を調べることは当たり前となっている。例えば旅行先を日本とタイで迷っていて、「日本ではネットが繋がらない」ことを理由に、タイに行くということも十分にありえるだろう。国交省は数年前から、訪日外国人観光客を誘致しようと積極的なキャンペーンを行なっているが、まずは無料Wi-Fi網の整備から始めてもらいたいものだ。 
posted by ネット/家電を極めたい! at 13:00| Comment(0) | パソコン便利技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

呪わしき過去ツイートを葬る「黒歴史クリーナー」進化 15分で全ツイート削除

 過去のツイートを自動消去し、「安全・安心なTwitterライフをアシスト」してくれるというサービス「黒歴史クリーナー」がこのほどリニューアルした。削除スピードを大幅に高速化したほか、ツイートのダウンロード機能など新機能を追加した。

【拡大画像】

 黒歴史クリーナーは、Twitterアカウントでログインし、ボタンを1回クリックするだけで、過去のツイートを削除できるサービス。Webアプリ開発者の@cohakimさんが開発した。

 「炎上予防のために定期的にツイートを消去したい方や、フォロー/フォロワーを残したままTwitterをやり直したい方などに好評を得ている」といい、昨年4月の公開から8カ月で7万ユーザーを突破し、現在も1日1000人以上の黒歴史を葬っているという。

 このほどリニューアルし、スマートフォンに最適化したデザインに一新したほか、削除スピードを大幅に高速化。以前は300ツイート削除に1時間かかっていたが、15分で全ツイート(最大3200件)を削除できるようになった。

 削除ツイートの日時指定にも対応。日時を指定すれば、その期間だけツイートを削除することができる。削除したツイートをテキストファイルでダウンロードする機能や、リプライツイートの保護機能も追加した。

posted by ネット/家電を極めたい! at 10:50| Comment(0) | オススメWEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

Facebookで浮気を疑われない方法

ケータイ・SNSと男女の浮気に関する意識調査」(2012年10月・ネオマーケティング)によれば、浮気経験者のおよそ5人に1人が「Facebookなどで浮気が発覚した」または、「疑われた」経験があると回答している。Facebookで交友関係を広く維持できるのは便利だが、奥さんや彼女といざこざの種になってはたまらない。総合探偵社MRの代表取締役・宗万真弓さんも、「浮気調査の際は、必ずSNSをチェックします」という。


もちろん、浮気の明らかな痕跡が、そうそうFacebookに残されているわけではない。しかし、「人の行動パターンは、意外に変わらないもの。普段と違う動きがあったら要注意です」と、MRの調査員・塚本浩さん。例えば、いつも居酒屋で酒を飲む男性が、フレンチのレストランに「チェックイン」していたら、誰かの好みに合わせている可能性が高い。
                       
また、交友関係から手がかりをつかまれてしまうのが、Facebookの恐ろしい(?)ところだ。特に危険なのが、写真やコメントに、友だちを「タグ付け」できる機能。飲み会などで女子と仲良くしている写真にタグ付けされ、それを恋人に発見されたらモメるのは確実だ。また、こちらにその気はなくても、自分の投稿へ頻繁に「いいね!」やコメントを残す女子がいたら、火種になるかもしれない。

実際にMRでも、浮気調査の際はFacebookでつながっている友人や同僚から攻めるのがセオリーだという。過去、愛人がなにげなくSNSへ投稿した写真から、家出した男性の居場所を突き止めた調査事例も。また、元カノや会社の同僚と浮気をしている場合は、共通の知り合いが多く、悪気のない彼らの投稿からウソがバレるケースはめずらしくない。

さらに、「動きがない」のもあやしい兆候だという。普段、仕事中でも頻繁につぶやくような人が、ピタリと投稿を止めてしまったら、やましいことをしているサインとして疑われてしまうそうだ。

では、疑われないためにはどうしたらよいか? 一言でいえば、徹底して「普段通り」を突き通すしかない。あやしい言動は必ずチェックされる。なかには、「何も知らないふりで泳がせて監視する」というこわ〜い女性もいるのだ。

そしてもうひとつ、かなりのリスクを回避できるのが、タグ付けを承認制にする設定(写真参照)。人の口に戸は立てられないが、知らないうちにヤバい写真が自分のタイムラインに掲載される、なんて理不尽な危険は避けられる。

逆に、不用意なタグ付けやコメントの投稿で、自分が他人の家庭にトラブルを起こす可能性もお忘れなく。女友だちや元恋人の投稿へ、ことさらに反応するのも遠慮した方がよさそうだ。
posted by ネット/家電を極めたい! at 22:31| Comment(0) | オススメWEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
出会い女性登録