2013年02月25日

KDDIが新OSスマホ、安価で多様なサービス

KDDI(au)は、米モジラ社が開発する次世代の基本ソフト(OS)を載せたスマートフォン(高機能携帯電話)を2014年初頭にも発売する。25日に基本合意し、発表する。

 スマホ向けのOS市場は、アップルとグーグルの米国勢が約9割のシェア(占有率)を持つ。両社のOSは、それぞれの仕様に合わせた応用ソフト(アプリ)が使いやすい反面、携帯会社が独自のサービスを提供したり、安全性を高めたりすることが難しかった。

 これに対し、KDDIが採用する「ファイアーフォックスOS」は、プログラムの基本技術が公開されているため、携帯会社や端末メーカーが、独自のサービスを展開しやすいのが特徴。アップルやグーグルのOSよりも簡単な設計で価格を抑えられるほか、互換性もあることから、利用者は安価で多様なサービスを受けられるメリットがある。
posted by ネット/家電を極めたい! at 10:00| Comment(0) | 無線(モバイル)インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

充電ケーブルなのに立つ。おすすめグッズ



上海問屋から、金属製のUSBフレキシブルケーブルが発売されました。長さは60cm。金属製なので自立します。立ちます。

充電はもちろん、データ転送もOKです。
ケーブルはMicroUSBと30pin Dockの2種類となっております。使い方はいろいろ。あなたならどうやって使いますか?


posted by ネット/家電を極めたい! at 23:21| Comment(0) | オススメグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーディオ機器をブルートゥース対応に!1台2役のスグレモノ



配線がいらないブルートゥース通信は便利だが、ヘッドホンやスピーカーをわざわざブルートゥース対応機器に買い替えるのも面倒だ。
 そこでオススメなのがサンワサプライの「ブルートゥースオーディオレシーバー&トランスミッター400−BTAD001」(3980円)。切り替えスイッチで送信機にも受信機にもすることができる1台2役のスグレモノ。
 受信機モードにすれば一般のヘッドホンやスピーカーでブルートゥース音源からの音楽を受信して聴くことができる。送信機モードにすれば、一般のオーディオ機器からブルートゥース対応スピーカーやヘッドホンへ送信して聴くことができる。
 送受信機モードの切り替えは写真の奥の面にあるスライドスイッチで簡単に操作できる。また、受信機モードで音楽再生中に電源ボタンを押すと、再生・停止ができる。
 手のひらサイズで重さは50グラム。付属のUSBケーブルで充電する。充電時間は最大2時間。送信最大10時間、受信最大9時間、スタンバイモードは最大400時間。充電中にも使えるので待たずに済む。
 ブルートゥースに対応するオーディオ機器も対応しない機器も、これを介せば自由に組み合わせて利用できる。

posted by ネット/家電を極めたい! at 21:59| Comment(0) | オススメグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
出会い女性登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。