2013年03月20日

Googleリーダー終了の波紋

Googleは3月14日、同社が提供する無料のRSSリーダー「Googleリーダー」を、2013年7月1日をもってサービス終了とすると発表した。突然の発表に多くのユーザーたちは、動揺を隠せない模様。2ちゃんねるの「【悲報】Googleリーダー、終了のお知らせ」というスレッドでは、

「ふざけんな!一番使ってたg−ぐるのサービスなのに!」(原文ママ)
「rssリーダーって、そんなにマイナーな存在なの?
みんな使ってると思ってたのに」
「ショックで言葉が出ない。マジでPC&スマフォ&タブレットの利用時間の70パーセントがGoogle RSSなんだが...。
有料でもいいので続けてくれよ、ってか他にどこに行けって言うんだぁぁぁぁぁぁ!!!」(原文ママ)

と、猛反発するネット住民が続出している。

ニュースサイトやブログなど、複数のサイトの更新情報を一括で表示することのできるRSSリーダーは、効率よくネットサーフィンをするにはとても便利なツール。それが急になくなるということで、これまでと同様のネット生活を送れなくなると嘆くユーザーが続出しているのだ。

Googleリーダーの終了発表を受けて、ほかのRSSリーダーは利用者獲得に向けて動き出している。Yahoo! JAPANの「My Yahoo!」では、Googleリーダー終了が発表された直後、GoogleリーダーからMy Yahoo!への「引っ越しツールを爆速準備中」とアナウンスした。そして翌15日の22時30分ごろから、実際に移行ツールの提供を開始した。

また、アメリカのDevHDが運営するRSSリーダー「Feedly」は、Googleリーダーのアカウント情報を利用したサービスだったが、Googleリーダーの終了をあらかじめ想定していたとのこと。現在のGoogleアカウントを登録しておけば、7月1日以降もデータをそのまま移行できるように対応するという。

Googleリーダーのユーザーたちは、ひとまず乗り換え先のサービスを探すこととなりそうだが、それでもGoogleリーダーとまったく同じ機能・インターフェースのサービスがあるわけではない。当然「Googleリーダーじゃなきゃイヤだ」というユーザーも多く、海外の署名募集サイト「change.org」では、Googleリーダー終了の撤回を求める署名活動もスタートし、17日までに約5000件の署名が寄せられている。

ユーザーの声が、Googleに届くかどうかはわからないが、いずれにしろ“Googleリーダー難民”が生まれることは間違いないだろう。
posted by ネット/家電を極めたい! at 21:55| Comment(0) | オススメWEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アプリで機能強化できるデジカメ



PCはソフトをインストールすれば、さまざまな用途に使うことができる。これに対してデジカメの機能はファームアップで機能強化されることもあるものの、基本的には購入時から決まっている。

しかし、そんな常識を超えたカメラが登場してきた。それがソニーのミラーレス一眼のNEX-5RとNEX-6だ。この2機種はWi-Fi機能を搭載したミラーレス一眼だが、さらに「Play Memories Camera Apps」という機能を持ち、アプリをダウンロードして機能を追加できるのだ。アプリには無料のものと有料のものがあるが、現時点では有料でも500円〜1000円程度になっている。

カメラらしくフィルタアプリが多いが、さまざまな機能を追加するアプリもある。たとえば「ダイレクトアップロード」(無料)というアプリでは撮影した画像をWi-FI経由でFacebookやTwitterなどのSNSにアップロードすることができる。さらに「POBoxキーボード」(無料)というアプリでは、SNSなどへのアップロード時に日本語のコメントも付けられる。アップロードの前には「フォトレタッチ」(無料)でトリミングや明るさ、コントラストを調整することもお忘れなく。

【DATA】
NEX-5R(6万7800円/オープン価格)、NEX-6(9万2800円/オープン価格)  お問い合せ先:ソニー

posted by ネット/家電を極めたい! at 06:49| Comment(0) | オススメグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

所有タブレット端末、やはり主流は「Wi-Fiモデル」……機種別ではiPadユーザが7割

 MM総研は18日、タブレット端末利用に関するユーザー調査の結果を発表した。調査期間は2012年12月1日〜12月18日で、現在タブレット端末を個人名義で利用する2261人から回答を得た。

 まず、タブレット端末利用者にiPadシリーズとAndroidのどちらを所持しているかを尋ねたところ、「iPadシリーズ」が1569人で69.4%、「Android端末」が692人で30.6%となった。通信ネットワーク別でみると、「携帯電話回線モデル」は30.4%(688人)に留まり、「Wi-Fiモデル」が62.5%(1412人)と大きく上回っている。なお「不明」と答えた人も7.1%(161人)存在した。

 画面サイズでみると、7インチ台以下の「モバイルタブレット」(手のひらタブレット)の所有者は20.8%(470人)、画面サイズが約10インチで自宅での利用が中心となる傾向がある「ホームタブレット」は74.9%(1693人)だった。

 また回線モデル、Wi-Fiモデル別で、通信ネットワークの利用状況を比較。両モデルでもっとも多かったのは、「自宅での無線LAN」で、回線モデルは69.8%(480人)、Wi-Fiモデルは88.0%(1243人)だった。次に多かったのは両モデルとも「モバイルWi-Fiルーター」(ポケットWi-Fiなど)で、回線モデルは26.2%(180人)、Wi-Fiモデルは31.1%(439人)。続いて「公共のスポット(カフェ・飲食店など)」(回線モデル180人=26.2%、Wi-Fiモデル274人=19.4%)、「スマートフォンやその他タブレットのテザリング」(回線モデル131人=19.0%、Wi-Fiモデル205人=14.5%)、「公共のWi-Fiスポット(駅、空港)」(回線モデル135人=19.6%、Wi-Fiモデル194人=13.7%)の順となった。

 また現在利用しているタブレット端末を購入した際に、重視した項目についてそれぞれ複数回答で質問したところ、上位3つは「画面の大きさ」「サイズ(長さ・幅・厚さ)」「使いやすさ全般」となった。

 なお今後、再度タブレット端末を購入したいかを質問した結果、「購入したい」31.4%(711人)、「購入を検討したい」19.8%(448人)となり、合わせて51.3%(1159人)が再購入する意向を示した。今後タブレット端末で改善すべき点では、「端末価格が安くなること」56.9%(1287人)、「軽量化」46.8%(1059人)、「バッテリー容量の増加」45.1%(1020人)となった。
posted by ネット/家電を極めたい! at 00:31| Comment(0) | オススメグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

ジョージ・ルーカス創業のTHX社、アップルのiPhoneなどがスピーカー技術の特許を侵害したと提訴

 映画「スター・ウォーズ」シリーズのジョージ・ルーカス監督が創業し、映画館などの音響規格などで有名なTHX社が、米アップルを提訴したことが明らかになった。

 国内外の複数メディアによると、THX社は2008年に取得した薄型テレビやコンピューターなどのスピーカー配置技術とシステム構成についての特許を複数のアップル製品が侵害したという。

 近年のアップル製品は、ディスプレイ下部や側面、筐体下部にスリットを設け、そこから音を出している。この技術がTHX社の特許を侵害しているようだ。

 THX社は、アップルのiPhone4以降のiPhone、iPad、iMacなどの製品が特許を侵害したとして損害賠償を求め、カリフォルニア州にある米国連邦地裁に提訴した。

 アップルといえば、サムスン電子など複数企業との特許訴訟合戦が起こっている。サムスン電子との特許訴訟については、2012年8月に同連邦地裁がサムスン電子に825億円の支払いが命じたが、果たして今回はどうなるのだろうか。
posted by ネット/家電を極めたい! at 00:32| Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

年収が高い人ほど、名刺の連絡先が変わりやすい - Sansan調査

名刺管理アプリ「Eight」を提供するSansanは3月15日、人脈管理に関するインターネットリサーチの結果を公開した。

同調査は20〜40代の社会人565名を対象として2013年2月22日〜24日に実施されたもの。

発表によると、年収400万円以下、年収401〜800万円以下、年収801万円以上で比較をしたところ、「名刺の連絡先が変わったことがある」と答えた人は400万円以下では23.0%、401〜800万円以下では47.8%、800万円以上では62.9%となっている。

年収が高い人ほど連絡先が変わりやすいという傾向がうかがえる。

名刺管理の仕方に関する質問では、全体では46.0%が「管理しない(捨ててしまう、机の中にまとめておくだけ、など)」、43.3%が「アナログ管理のみ」と回答。

一方で、年収801万円以上では、名刺管理をしていない人の割合は25.0%で、デジタル管理をしている人の割合が多い。

他人から受け取った名刺の保有数は、全体の55.8%が「0〜50枚」と回答し、年収801万円以上では、66.6%が201枚以上と答えている。

また、1ヵ月間で受け取る名刺の数を聞いた質問では、年収400万円以下では「0〜5枚」が84.8%を占めたが、401万円〜800万円以下が70%、801万円以上では44.4%となっており、年収が高い人は名刺を多く受け取っていることがわかる。

また、「社会人になったと同時か20代前半のうちに名刺管理を始めていた」と答えた人の割合は、全体では50.9%、年収400万円以下では44.4%だが、年収801万円以上では58.5%となっている。
posted by ネット/家電を極めたい! at 22:55| Comment(0) | 私生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
出会い女性登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。