2014年08月31日

格安スマホ、多く報告される弱点

 携帯電話料金の“高止まり”に対する批判が高まっている昨今、注目を集めているのが、いわゆる「格安スマートフォン(スマホ)」だ。先行したイオンが大きな成功を収めたことで、格安スマホへの参入が相次いでいるが、大手携帯電話通信会社(キャリア)は格安スマホに対抗し、大幅な値下げへと踏み切る可能性はあるだろうか。

●大手キャリアの半額以下を実現、格安スマホが急増
 近年まで順調に買い替えが進んできたスマホだが、昨年の半ば頃から伸びが鈍化している、という報道が多く見られるようになった。その理由はさまざまだが、最も大きな要素の1つとなっているのが料金だ。

 フィーチャーフォン(従来型携帯電話)では高くてもせいぜい月額5000円前後で済んでいたのが、スマホに替えると毎月の基本料金だけで7000円以上かかる上、通話料も30秒21円と非常に高い。便利で楽しい機能は多いかもしれないが、料金の高さには耐えられないという、スマホの価格に不満を持つユーザーが、移行を敬遠しているのだ。

 そうした価格に敏感なユーザーのニーズをくみ取るべく登場したのが、格安スマホである。これは要するに、毎月の料金を格安で利用できるMVNO(仮想移動体通信事業者)のSIMカードと、最新機種と比べ性能を落とした安価なスマホをセットにして販売するものだ。

 イオンが4月4日より、日本通信のSIMカードとLGエレクトロニクスの「Nexus 4」をセットにし、月額2980円、8000台限定で販売したところ、シニアを中心として非常に好調な売れ行きを示したことから、他社でも同様の取り組みが相次いでいる。実際、家電量販店のビックカメラは、MVNOの1つであるIIJのSIMカードと、コヴィア製の3G対応スマートフォン「FleaPhone CP-F03a」をセットにし、月額2830円で提供する格安スマホを4月14日より販売している。

●人気の秘訣は安心感の向上、デメリットも
 格安スマホが受け入れられた要因の1つには、当然ながら月額料金が大手キャリアの半額以下という、価格が大きく影響している。だがスマホにあまり詳しくないユーザー層に格安スマホが受け入れられたのには、ほかにもいくつかの要因がある。

 1つは、スマホとSIMカードがセットで販売されたことだ。イオン、ビックカメラ共に販売しているのは、既存のMVNOの格安SIMカードと、やはり既存のSIMロックフリータイプのスマホであり、個々の商品としては以前より存在するものだ。だがそもそも多くの人にとって、SIMカードとスマホを別個に購入して使うこと自体、馴染みのある行為ではない。そこで格安スマホは、大手キャリアと同じように、端末とSIMカードをセットにし、しかも身近な量販店の店頭で販売したのである。このことが、消費者に安心感を与えるという点で非常に大きな意味を持ったといえよう。

 そしてもう1つは、090や080などで始まる一般的な携帯電話番号が扱えることだ。MVNOのSIMカードは従来、データ通信のみをサポートしたものがほとんどで、音声通話をサポートしたものは非常に少なかった。そのため音声通話には050で始まるIP電話を用いる必要があり、サービスに違和感を抱くユーザーも少なくなかった。だが最近になって、データ通信だけでなく音声通話やSMSもサポートしたMVNOのサービスが増加し、一般的な携帯電話番号を用いて音声通話ができるようになった。このことも、スマホに詳しくない人が安心して契約できる大きな要因となっている。

 無論、格安スマホには弱点も多い。最も多く指摘されるポイントは、現在のLTE対応スマホと比べ通信速度が200kbps前後とかなり遅く、一部に高速通信可能なサービスもあるものの、その容量が非常に限られているなど、制約が多いことだ。これは、通信容量を多くの人に分割することで低価格を実現しているというSIMカード側の要因と、LTEに対応しているハードを低価格では実現できないというスマホ側の要因の2つが影響している。

 そしてもう1つのポイントはサポート面だ。そもそも格安スマホは、SIMカードはMVNO、スマホはハードメーカーと、サポート先が異なっており、大手キャリアのようにショップでまとめてサポートしてくれるわけではない。不具合の対処からOSのアップデートに至るまで、基本的にはすべて自分で対処しなければならないのだ。格安スマホはスマホに馴染んでいないシニアへの販売が好調なようだが、サポート面の弱さを考えると、少なからず疑問を抱く部分があるのは事実だ。

●大手キャリアが格安スマホに追随しない理由とは
 格安スマホの弱点は、裏を返すと大手キャリアの利点にもつながっている。つまり高額でも高速・大容量なデータ通信ができる点や、充実したサポートが受けられる点などが、大手キャリアのメリットとなっている。こうしたメリットが武器となっていることから、キャリア各社は現時点において、格安スマホに対抗し積極的に料金の値下げに取り組もうという様子を見ることはできない。

 例えばKDDIの田中孝司社長は、4月30日の決算発表の場で「価格の訴求ではなく、価値の訴求を進める」と話しているほか、NTTドコモが新料金プランを打ち出したことに対しても、VoLTE、(LTE 回線を使って音声通話が行える技術)の準備が整うまで静観する構えを見せており、積極的な料金施策を打ち出そうという様子はない。

 また、注目を集めたNTTドコモの新料金プランについても、必ずしも値下げにつながる要因ばかりではない。例えば、相手先を問わず国内の通話が定額でできる「カケホーダイ」は、基本料金がスマホで月額2700円。だがNTTドコモの音声ARPU(携帯電話における加入者一人あたりの月間売上高)は、今年3月時点で1370円。つまりカケホーダイは現在の音声ARPUより1300程度円高く、カケホーダイへの移行は多くのユーザーにとって、むしろ値上げの要因となる可能性が高いのだ。

 このように、キャリア各社は急激な収益の低下を避けるためにも、現在の料金の大幅な値下げに取り組む可能性は低く、あくまで高品質のサービスを高価格で提供するビジネスを継続すると見られる。もっとも、大手キャリア各社は回線を持たないMVNOと異なり、自身で全国各地にLTEなど高速通信のインフラを整備するため莫大な投資をしている。さらなる高速化ニーズに応えるべく投資を続けるためにも、高収益体制を維持する必要があるというのも事実であり、単に「儲かっているから安くすればよい」とはいえない部分もあるのだ。

 しかしながら格安スマホの側も、いつまでも「安さ」だけを売りとするだけでなく、サービス面に力を入れ、キャリアの牙城を狙ってくる可能性は高い。実際、フリービットのように、実店舗を構えながらも、通話はIP電話となるがスマホとSIMカードによる通信サービスを格安で提供する企業も現れてきている。今年問題となったキャッシュバック競争のように、キャリア側がユーザーを無視した競争施策に明け暮れるようであれば、格安スマホに足元をすくわれる可能性もないとは言い切れないだろう。
posted by ネット/家電を極めたい! at 00:41| Comment(0) | 無線(モバイル)インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貯金より効率的!? 利回り重視「高配当株の探し方と注意点」

 将来に備えて貯金! しかし、メガバンクに預けた場合でも1年定期預金の利率はわずか0.02%程度と低金利…。「そろそろ本格的な財テクを!」と考えるビジネスパーソンも多いのでは? そこで、投資初心者に向けて、配当利回りに注目した銘柄選定法を紹介しよう。日経平均株価の平均配当利回りは1%を超えており、預貯金よりも、株式で配当を受け取るほうが身入りがいいともいえる今、一般的に“高配当株”と言われている「配当利回り2%以上」の銘柄を探す際のチェックポイントと、併せて注意点もおさえていこう。

(1) 業績は安定しているか?

 基本的な考え方として“配当を出す=利益を安定して出している企業”といえ、業績も安定しているケースが多い。または、順調に業績が伸びていれば、配当が減る心配は少ない。

 ただし、企業の中には、業績が良いから配当利回りが高いのではなく、業績が悪化しているなどのマイナス材料が要因となっている場合もあるので要注意が必要。株価が急速に下落し、そのため、過去1年の配当金を株価で割ると、高い数字になったというケースも。そういった背景を知らずに投資した結果、無配当という結末は避けたいところだ。

(2) 配当の推移を知る「配当性向」

 一時的に配当が良かっただけという場合もあり、直近だけでなく“安定した配当を出し続けているか”という点にも注目しておこう。この時、一株利益に対していくらの配当実績を出しているかという「配当性向」という数値が、判断目安として利用できる。この数値が50%以上なら、配当を重視している企業と評価でき、100%を超えていたら、実力以上の配当を出していることになり、いずれ配当の額が下がるかもしれないという予測にも役立つ。

(3) 株価が割高or割安を判断する「PER」とは?

 PERとは「株価収益率」のことで、株価が1株当たり利益の何倍まで買われているかを示す指標として利用されている。一般的にPERの数値が高いほど業績に対して株価が割高、低い水準であるほど株価が割安でお得と言われている。

 投資初心者なら、ネット証券のスクリーニング機能を使うと、簡単に高配当銘柄を見つけることができる。検索結果で出てきた高配当株ランキング上位の企業を、業績推移や配当推移で比較・分析して、より安定している銘柄を選ぶといった流れで、かなり手軽にスタートできる。まずはシミュレーションサイトなどを活用しながら、投資デビューをしてみては?
posted by ネット/家電を極めたい! at 00:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPhone6に搭載されるかもしれないNFCはアップル独自のものになるかも

アップル的にNFCはもう時代遅れ?

アップル製品に関するブログを書いていることで知られるJohn Gruberさんが、自身のブログで次期iPhoneに搭載されると噂のNFCについて、不思議なことをほのめかしています。

Gruberさんがいう「ジョーク」によると、iPhone6に搭載されるとしているNFCベースのペイメントシステムはアップル独自のものになる、というのです。コプロセッサが新しいA8チップに組み込まれ、Touch IDを使った支払いが可能になると予想されています。

また最新のジョークには、そのシステムはiPhoneだけでなく、同時に発表されると噂されているiWatchにも搭載されることを期待させる一文も含まれていましたよ。さらに新しいシステムでNFCより圧倒的に速いとされているFeliCaを超えるようなことがあれば、導入する費用によっては日本のポイントカード業界にもちょっとした転機になるかもしれませんね。

ちなみに複数のメディアが報じるところによると、アップルは新しいモバイルペイメントシステムに向けて、Visaなどの大手クレジットカード会社とパートナーを結んだともいわれており、システム発足のために役員雇用の動きなどをみせていたようです。

9月のiWatch発表に関しても早い段階から予想を立てていたGruberさん。NFCのようなシステムでスマートフォンによる支払いが可能になるだけでなく、ワイヤレス充電もできるようになるかもしれません。今回のジョークが現実になったらと思うと、とてもワクワクしますね。
posted by ネット/家電を極めたい! at 00:27| Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

若い世代は小口払いでもカード・電子マネーを選好

若い世代が小口の買い物でもクレジットカードや電子マネーで支払うことを選好しているのは、コンビニエンスストアなどを見ていると実感するところだ。

このことについて、米国での統計的な調査を目にした。日本の状況はどうか?と思ってネットで検索してみると日銀が「最近の電子マネーの動向について」(2012年)というレポートを発表していた。

まず米国の調査(Princeton Servey Research International)の調査を見てみる。

まず消費者全体としては、5ドル以下の買い物でも約1/3のアメリカ人はデビットカードやクレジットカードを使っていることが分った。サンプル調査によると、65%の人は現金で支払うが、22%の人はデビットカードを使い、11%の人はクレジットカードを使っている。

小口の支払を現金で払うかカードで払うかの違いと、所得水準等による差はほとんどない。決定的な違いは年齢差である。サンプル調査によると、1980年〜2000年の間に生まれた消費者層Millennial consumersの51%は現金払いよりカード払いを選好している。年齢が上昇するとともに現金払いを選好する割合が増え65歳以上のシニア層になると85%が現金払いを選好する。

現金払いよりカード払いを好む層がカードを使う理由は幾つかある。一つはカード払いで「ポイント」を獲得することができることだ。またカード払いにより「支払記録」を残すことができる。簡単に家計簿をつけることができる訳だ。また若い世代では学生時代から昼飯をプリペイドカードで支払うことに慣れてきた、という慣れの問題もある。

次に日本の状況を日銀のレポートから見てみよう。

調査によると1,000円以下の支払にクレジットカードを使う割合は「二人以上世帯」で4%強、電子マネーを使う割合は6%強合計で10%強である。また「単身世帯」でクレジットカードを使う割合は15%、電子マネーを使う割合は30%弱となっていて、合計では約45%である(2011年)。

また1,000円以下の支払を電子マネーで行っている割合を年齢別で見ると、30代が14%と一番高く、40代は12%、50代は6%弱で減少し、60代では4%、70代では2%にとどまっている。

以上のことから、日米では小口払いに対するカード払い(クレジットカード・デビットカード・電子マネー)の割合には違いがあるものの、年齢層別の利用状況はかなり相似していることが分る。

★   ★   ★

ところで私は統計的には、圧倒的に「現金払い」を選好する年齢層に入るのだが、実はかなり積極的に電子マネーでの支払を利用している。

その理由としては「ポイントがたまる」ということに加えて、「レジでの支払いの手間がかからない」ということがある。レジで小銭入れをかき回して、後ろの人をイライラさせる(本当にイライラしているかどうかは別にして)のはスマートなものではない。

年を取ると小銭を探すといったことが面倒になり、お札を出してお釣りを貰うことが増えるが、これもレジ係に負担をかける上、小銭入れが重たくなるのでスマートではない。

私はスマートなシニアは電子マネーを積極的に利用すべし、と思っているのだが如何なものだろうか?(もちろんハッカーリスクや電子マネーの置き忘れリスクにはご用心)。
posted by ネット/家電を極めたい! at 11:00| Comment(0) | デジモノ感想日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

「iPhone 6L」という名前になりそうな新端末

「L=Lサイズ」だそうです。

4.7インチと5.5インチの2サイズ展開で製造されると噂される新型iPhone。その大きい方、5.5インチモデルの名称は「iPhone 6L」になるという新説が登場しました。もちろん噂ですが。

一方で、5.5インチモデルが「iPhone Air」という名称になるも以前話題になりました。でも、4.7インチのiPhone 6よりも大きくて重い端末が「iPhone Air」っていうのは違和感があります。それをふまえるとこの名前の方があり得そうな気もします。でもなんだかタマゴを彷彿とさせるような…。

なお、5.5インチモデルのiPhone 6には、その大きさから使用素材の発注がなかなか難しいとも言われています。より堅強なサファイアガラスディスプレイが採用されるのでは、とも言われていますが暗雲が立ち込めているという話もちらほら耳にします。

もし大きなiPhoneが本当に開発されているのだとしたら、名称も素材も、そしてきっとマーケティングも今までとは違ってくることは間違いないでしょう。


posted by ネット/家電を極めたい! at 00:10| Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
出会い女性登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。