2010年05月08日

(料金編)光ファイバー

光ファイバープロバイダと回線事業者の関係について

プロバイダは、光ファイバー回線事業者から光ファイバー回線を仕入れ、プロバイダが持つサービス(接続機能、メールやブログなどのサービス)とセットにして、光ファイバーサービスを提供、販売しています。

ここで注意したいのは、じゃあ光ファイバー回線事業者と直接契約をすれば、余計なプロバイダ料金は取られないんじゃないの?ということですが、そうではありません。光ファイバー回線事業者は、光ファイバー回線を供給しているだけで、プロバイダの接続機能がないとインターネットには繋がらないのです。そのため光ファイバーを利用するには、プロバイダを選び、契約をしないといけないのです。

光ファイバーの主要な回線事業者は2社で、回線はNTT東日本/NTT西日本が提供する「フレッツ回線」と、KDDIが提供する「auひかり回線」です。この2社と主要プロバイダの組み合わせを比較すれば、光ファイバーの比較は大方できているといっても過言ではありません。

光ファイバー料金比較

光ファイバーは住んでいる地域や住居形態、プロバイダにより価格(初期費用、月額料金)が異なりますが、回線事業者が同じなら料金は似たような金額となります。またマンションタイプ(集合住宅)は、敷設された光ファイバー回線をマンション内の光ファイバー契約者で共有して利用しますので、価格は安めとなります。

また回線が決まっても、その後にプロバイダを決めないといけませんので、その際は各ブロバイダの実施しているキャンペーンなども参考に検討をすることをお勧めします。多くのプロバイダは、月額無料やキャッシュバックといったキャンペーンを実施しています。

光ファイバー回線事業者毎の特長
Ci100508105520.jpg

光ファイバー回線事業者毎の比較表
コピー 〜 Ci100508105520.jpg

プロバイダ毎に提供している光ファイバー回線が異なりますので、NTTのフレッツが良いか、KDDIのひかりoneが良いかを決め、プロバイダをお選びいただくことをお勧めします。

posted by ネット/家電を極めたい! at 11:00| Comment(0) | 光ファイバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

出会い女性登録