2011年03月15日

【地震】集まった寄付金を盗みパチンコ屋に行った女性が大炎上

バイト先にあった東北地方太平洋沖地震の募金箱から寄付金を盗み、パチンコ屋に行って遊んだ女性が大炎上状態となっている。この女性自身がSNSの日記に書き込みして判明したもので、インターネット上では許しがたい女性の行動に怒りの声が寄せられている。

あくまで自称ではあるものの、この女性は奈良県に住む畿央大学の女子大生(18歳)で、教育科に通っているという。彼女がインターネット上に書いた暴露書き込みの全文は以下のとおりである。

・うはぁw
「停電地域マジ涙目ワラ。うちは冬は暖房がんがん夏は冷房がんがんにしよ♪ 節電(笑)。あたしのバイト先でも従業員が募金してたけど箱の中を見たらびっくり! 1000円札いっぱい! 金持ちやの〜(ウインクマーク)。一掴みしてパチ屋直行♪ 全部スってもうた……。ウチの金じゃないからいいけど(ピースマーク)」引用ここまで

……という内容の書き込みが彼女のSNS日記に書き込みれれていたため、他のインターネットユーザーらが激怒。当然ながら大炎上状態となり、以下のような怒りの声が多数書き込みされている。

・インターネットユーザーの声

「まじ畿央大学に進学しようとしてたけどやめるわ」
「マジで許せない。嘘であってもだ」
「ゆとりパネェな。人の善意に付け込んで罪悪感ゼロかよ」
「まじでゆるさん。今回ばかりはゆるさんぞ」
「普通に犯罪じゃん」
「これは許されない」
「大学が偽計業務妨害で被害届出せよ」
「もう取り返しのつかないとこまで書いたんだ」
「マジで許せねえ」
「警察に通報してもパチンコ関係だから揉み消されて終わるだけ」
「釣りっぽく見えるが、釣りであるという確証もない」
「ネタだとしても、やって良いネタとやって悪いネタがあんだろ」
「こうやって炎上するの狙ってたんじゃないか?」
「たとえ釣りでも犯罪行為を自白してる時点で通報があれば警察は動きます」
「なんでいちいちネットで報告するんだ」

インターネット上ではこの女性を特定しようと調査している人がいるが、「あえて炎上を狙って書いたのではないか?」という声や「他人になりすましているのでは?」という声があるのも事実だ。

日記に書かれたことが事実であれ嘘であれ、インターネット上で不謹慎な発言や行動はやめてもらいたいものである。そもそも、この状況でそんなことを書いて心が痛まないのが理解できない。
ラベル:地震
posted by ネット/家電を極めたい! at 10:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

出会い女性登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。