2011年07月17日

ケータイ、iPhone、Android端末のバッテリーを節約する方法D

本日は節電する方法「その他もろもろ」をご紹介いたします。


●アプリのプッシュ通知をオフにする(iPhone)

 iPhoneアプリの中には、新規のメッセージが届いた場合にそれを自動で知らせる「プッシュ通知」に対応しているものが多数ある。これらのプッシュ通知機能もオフにすることで、バッテリーを節約できる。オフにするには「設定」→「通知」をタップし、「通知」をオフに切り替える。

●「イコライザ」をオフにする(iPhone)

 iPhoneでは、楽曲を再生する際にイコライザ設定を利用すると、バッテリーの消耗が速くなることがある。音質にこだわる必要がなければオフにしておこう。オフにするには、「設定」→「iPod」→「イコライザ」の順にタップし、「オフ」を選択する。

●使用していないアプリを終了する(Android端末)

 Androidアプリの中には、ホームキーを押してアプリを終了したと思っても、実際にはバックグラウンドで起動し続けるものが多い。知らず知らずのうちに電力を消費してしまうので、使用していないアプリはこまめに終了しよう。実行中のアプリは、「設定」→「アプリケーション」→「実行中のサービス」で確認可能。使っていないアプリを選択すると終了できる。

 いちいち「設定」からアプリを終了するのが面倒な場合は、タスク管理アプリを利用すると便利。自動的に使用していないアプリを終了できる。「Commantalb」「TaskControl」「Automatic Task Killer(日本語版)」「Advanced Task Manager」などを活用してみよう。

●自動同期をオフにする(Android端末)

 Android端末はGmailやアドレス帳、カレンダーなどのデータを自動で同期できるが、定期的にデータを取得するため電力の消費量がやや増える。自動同期をする必要がなければオフにしておこう。Googleアカウント全体の自動同期設定をオフにするには、「設定」→「アカウントと同期の設定」の順に進み、「自動同期」をオフに切り替える。また、利用頻度がさほど高くないサービスの自動同期設定をオフにするのも効果的だ。

 サービスを選んでオフにするには、「アカウント管理」の項目にある任意のアカウントをタップし、次画面で同期をオフにするサービスを選択する。

●ライブ壁紙の利用を控える(Android端末)

 Android 2.1以降の端末は、タッチすると画像が動く「ライブ壁紙」に対応している。見た目に楽しい機能ではあるが、バックグラウンドで常駐するため、画像のみの壁紙と比較すると、バッテリーの消費量は多くなってしまう。画面にホーム画面を表示した状態でメニューキーを押し、「壁紙」→「ギャラリー」などから静止画を選択しよう。

●GSMをオフにする(Android端末)

 CDMAとGSMの2つの通信方式に対応したAndroid端末は、3Gを利用している日本国内でもGSMの電波を探しているため、その分、バッテリーを消費している。日本国内での利用がメインであれば、GSMの設定はオフにしておこう。「設定」→「無線とネットワーク」→「モバイルネットワーク」→「ネットワークモード」の順に進み、「3Gのみ」を選択すると、GSMの設定がオフになる。


いかかでしたか?

是非お試しください。
タグ:節電 節約
posted by ネット/家電を極めたい! at 11:00| Comment(0) | 節約 節電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

出会い女性登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。