2012年01月30日

iPhone強盗、「iPhoneを探す」機能で30分で発見される

 強盗を30分以内で見つけられる。そう、iPhoneならね――iPhoneを盗んだ強盗が、iPhoneの機能を使ってすぐに発見され、逮捕されるという事件がニューヨークで起きたと、New York Timesが報じています。

 事件が起きたのは1月26日夜。被害者は仕事の休憩中に外でiPhoneを使っていたところ、銃を突きつけられてiPhoneを奪われました。通報を受けて駆けつけたロバート・ガーランド刑事は、GPS機能でiPhoneの場所を追跡する「iPhoneを探す」機能を立ち上げて被害者のApple IDを入力し、強盗犯の居場所を突き止めました。

 強盗犯のいる場所に駆けつけた刑事は、さらに同機能を使ってiPhoneから音を鳴らし、犯人を特定して逮捕。奪われたiPhoneは無事持ち主に戻ったそうです。

 「iPhoneを探す」は万一の時に便利な機能です
ラベル:iPhone
posted by ネット/家電を極めたい! at 10:08| Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

出会い女性登録