2012年08月22日

AtermWM3600Rフォームウェアの更新  Ver1.2.0  (2012/08/22)

WiMAXのファームウェアが本日更新されている。

これによって、特定環境における無線LAN接続性が改善されるようです。
特定環境がよくわかりませんが、時々WIFIがきれることがりましたので、
改善が期待できそうですね。

●手動によるバージョンアップ手順
バージョンアップの準備
1.ファームウェア(ZIP形式圧縮ファイル)をパソコンの任意のフォルダへダウンロードします。
2.ダウンロードしたファイルを解凍するとファームウェアファイルが作成されます。
  ※ZIP形式圧縮ファイルの解凍には、別途解凍ツールが必要です。
バージョンアップ手順
1.クイック設定Webのページを開きます。
WWWブラウザを起動して、「http://aterm.me/」と入力し、 「クイック設定Web」画面を開きます。
(WM3600RのIPアドレスを入力して開くこともできます。初期値は「http:// 192.168.0.1/」です。)
  ※「クイック設定Web」画面が開かない場合は、「機能詳細ガイド」の「お困りのときには」を参照してください。
  ※「管理者パスワードの初期設定」画面が表示されたら、管理者パスワードを設定してください。
2.ユーザー名に「admin」、管理者パスワードを入力し、「OK」をクリックします。
3.メニューにある 「メンテナンス」 をクリックし、「ファームウェア更新」を選択します。
4.「現在のファームウェアバージョン」を確認してください。
5.※「現在のファームウェアバージョン」がバージョンアップソフトウェアと同じあるいは新しい場合は、ファームウェアのバージョンアップは不要です。
 「更新方法」で「ローカルファイル指定」を選択します。
「ファームウェアファイル」の「参照」をクリックし、ファームウェアファイルを指定して、「更新」 をクリックします。
6.完了メッセージが表示されますので、「OK」をクリックします。

詳しくはこちら↓
http://121ware.com/product/atermstation/verup/wimax/wm3600r_fw.html
posted by ネット/家電を極めたい! at 11:35| Comment(0) | 無線(モバイル)インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

出会い女性登録