2012年08月29日

Android端末を狙う不正アプリのトップ10を公開、この10種が全体の58%(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は8月28日、「Android端末を狙う不正プログラムの2012年上半期トップ10」をブログで発表した。同社は2012年第1四半期に、約5,000個の不正なアプリに検出対応しているが、この数値は2012年1月時点の予想のほぼ2倍となっている。第2四半期になってもその状況は悪化し続け、さらに 19,000個の不正なアプリに検出対応した。これまでの累計数は、今年初めに予想した11,000個を大幅に上回る約25,000個となっている。

 同社が2010年8月から2012年6月末日までに検出対応した検体をファミリ別に分類したトップ10は以下の通り。このトップ10ファミリで全体の58%を占めており、機能別でみると約半分が「プレミアムサービス」を悪用する機能、20%が情報収集機能、18%が強引に広告を表示するアドウェア機能を備えていた。同社ではこれらの傾向から、サイバー犯罪者は無自覚なユーザから金銭を得るために、絶えず自身の「製品」を向上させ続けているとしている。

 1位:FAKE(「プレミアムサービス」の悪用)

 2位:ADWAIRPUSH(アドウェア)

 3位:BOXER(「プレミアムサービス」の悪用)

 4位:DROIDKUNGFU

 (情報収集、クリック詐欺、不正ダウンローダ、ルート権限取得)

 5位:PLANKTON(情報収集)

 6位:JIFAKE(「プレミアムサービス」の悪用)

 7位:GEINIMI(情報収集、不正ダウンローダ、GPS情報収集)

 8位:SMSAGENT(「プレミアムサービス」の悪用)

 9位:KMIN(情報収集)

 10位:TROJSMS(「プレミアムサービス」の悪用)
posted by ネット/家電を極めたい! at 17:01| Comment(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

出会い女性登録