2013年04月25日

コカ・コーラ、世界初の自動販売機向けARアプリ「自販機AR」提供開始……時刻や天気に連動

 日本コカ・コーラは25日、世界初の自動販売機をマーカーにしたARアプリ「自販機AR」の提供を開始した。App StoreならびにGoogle Playにて無料ダウンロードが可能となっている。

 「自販機AR」は、自販機自体のデザインと製品サンプルをARマーカーとして認識するアプリケーション。開発ユニットの「AR三兄弟」とコラボレーションし、共同開発された。「ピークシフト自販機」にデザインされた「ポーラーベア」や、自販機の製品サンプルをARマーカーとして認識して動作する。

 「自販機AR」をインストールしたスマートフォンのカメラを、「ピークシフト自販機」のポーラーベアにかざすと、ピークシフト自販機の特徴を伝えるポーラーベアのアニメーションが表示される。また、「コカ・コーラ」と「コカ・コーラ ゼロ」の製品サンプルにかざすと、それぞれ現在放映中のTVCMが再生され、その後にブランドのFacebookページが表示される。

 さらに自動的に、時間帯(朝、昼、夜、深夜)とその場所の天候(晴れ、曇り、雨)を識別し、その時々の時間と天気によって変化した映像を見ることができる。特に、深夜の時間帯では、北極のオーロラの出現の有無を自動識別するという。
posted by ネット/家電を極めたい! at 16:56| Comment(0) | おすすめアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

oogle、「Google Play」の1周年を記念してアプリやコンテンツを特別価格で提供

Googleは、アプリストア「Google Play」の1周年を記念して、ゲームアプリや映画、電子書籍などを特別価格で提供する期間限定セールを開始した。

日本では現在のところ、ゲームアプリ「FINAL FANTASY LEGENDS 光と闇の戦士」が50%割引で850円、「Need for Speed Most Wanted」が99円、旅行ガイド「ことりっぷ」が各エリア50%割引で400円といった価格で提供されている。また、映画「バイオハザード」および「タクシードライバー」、「チャーリーズエンジェル」が100円でレンタル可能となっている。
posted by ネット/家電を極めたい! at 22:08| Comment(0) | おすすめアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

iPhoneでテザリングできる噂のアプリ『t.free(テザフリー)』の実用度は?

ソフトバンクやauのiPhoneでテザリングできるアプリがリリースされ話題になっている。その利用手順と実用度はいかに?

『t.free(テザフリー)』は、テザリングができない仕様のiPhoneでもテザリングできるアプリだ。ただし、iPhoneアプリではなくMac用のアプリである。iPhone側にはアプリをインストールする必要はなく、もちろん脱獄なども不要。現時点では、ソフトバンクやKDDIから追加のパケット料金を請求されたという話もないようだ。この後ずっと使い続けられるかは未知数だが、ものは試し。まずは利用手順について紹介していこう。

<利用手順>

1.コネクトフリーのサイトからアプリをダウンロード(Mac OS X 10.6 以上、CPUはIntel製)。

2.ダウンロードファイルを解凍し、tfree_installerを起動する。

3.指示に従いインストールを完了させると、右上のメニューバーにアイコンが表示される。クリックして「t.freeに接続」を選択。

4.他のWi-Fiにつながっている場合は切断される。「続ける」を選択。

5.ネットワーク名とパスワードが表示される。

6.続けてiPhone(iOS 5以上)側で設定をおこなう。「設定」→「Wi-Fi」から、パソコンに表示されたネットワーク名を選択しパスワードを入力する。次に、Safariを起動し、「tfree.jp」にアクセス。

7.このような画面が表示されたら、Macでインターネットが利用できるようになっている。この画面を閉じてしまうと、Mac側でネット接続できなくなるので、表示をしっぱなしにしておこう。

■スピードをテストしてみると・・・
「t.free」でどれぐらいのスピードが出るのかを確認してみた。まずは、比較のためにiPhoneで3G(ソフトバンク)の速度を計測してみた。基地局が近いこともあって、下りは3.8〜4.5Mbpsとかなり高速。上りは、166〜280kbpsといったところだ。Mac側で使用したのは、「BNRスピードテスト」。ブラウザはChromeを使用。まずは下りのスピード。約859kbpsと、iPhone単体で計測したよりは遅い。しかし、Webブラウザのレスポンスもあって、iPhoneよりもMacのChromeでのほうが快適だ。YouTubeの動画もストレスなく見られる。下手なWi-Fiスポットよりも速い。電波環境の良い場所とはいえ、なんか怖いぐらいだ。

 続いて上りの速度を計測。不思議なことに、iPhone単体よりも速い、1Mbpsオーバーを計測した。添付ファイル付きメールの送信も問題ない。気になるiPhoneのバッテリー消費もそれほどはない。少なくとも、Android端末のテザリング以上に電池が早くなくなる感じはしなかった。通信事業者にとってはありがたくないアプリだが、ユーザー目線ではかなり実用的。すでにモバイルルーターや他のテザリング端末を持っている人でも、Macユーザーなら、モバイルルーターの携帯し忘れや圏外というときに役立つ。あらかじめインストールしておいて損はないだろう。
posted by ネット/家電を極めたい! at 11:26| Comment(0) | おすすめアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

コンビニもカフェもATMも!行きたいお店が効率的に探せるスゴイ地図「ロケスマ」

旅行先や初めていった街で、ちょっとした買い物をするのにコンビニを探したり、急にお金が必要になってATMを探した経験ありますよね。見知った街ならコンビニやATMの場所もわかりますが、初めて行った街だとコンビニを探すのにも一苦労です。

そんなときに便利なのが地図アプリ「ロケスマ」です。コンビニ各社だけでなく、銀行やATM、ドラッグストアにカファなどロケスマに地図情報を追加するだけで、様々な店舗の情報を地図上に表示できます。

自分のよく行くお店の情報を追加すれば、コンビニやカフェ、郵便局や牛丼チェーンまで自分オリジナルの地図で効率的にお店が探せます。「ロケスマ」を使いこなして、どんな場所でも迷わず目的のお店を探しましょう。
posted by ネット/家電を極めたい! at 17:00| Comment(0) | おすすめアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運行中の鉄道が表示される地図登場

鉄道の運行状況をリアルタイム表示することのできる地図サービス「鉄道Now」が登場した。

この「鉄道Now」は、Googleマップ上に、現在運行している鉄道をアイコンとして表示するサービス。アイコンはリアルタイムで地図の線路上を動いており、まさに、いま鉄道がどの場所を走っているかを把握することができる。

また、リアルタイムの状況を示すだけでなく、時間帯を指定して表示することができる。もちろん日本全国の鉄道に対応している。

そんな「鉄道Now」だが、ネット住民たちの反応はなかなか良好。ツイッターでは、こんな意見が寄せられていた。

「これ、本当に凄い、どうやってこれ実現してるんだろう?」
「なんというか、これ、リアル『A列車で行こう』(編集部註:鉄道経営シミュレーションゲーム)だよね、鉄道Now」
「やばい、ずっと眺めていたい。(笑)」
「見てて楽しいw」

このように、ただ電車のアイコンが動いている地図を見て楽しんでいるという声が多く、
「時刻表代わりに使っている」とか、「次に来る電車の位置を調べた」といった使い方をしている人はいまのところ少ないようだ。

ちなみに、乗り物の運行状況が表示される地図サービスといえば、現在飛んでいる旅客機の位置が表示される「flightradar24」というサービスも存在している。こちらは、2006年にスウェーデンの航空マニアが趣味で始めたものだったが、現在ではiOS、Andoroid版のアプリも登場し、200万ダウンロードを超える人気となっている。
posted by ネット/家電を極めたい! at 14:31| Comment(0) | おすすめアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
出会い女性登録