2014年09月03日

Gmailをさらに便利に使うChrome機能拡張7選

 フリーメールアドレスの代表格としてすっかり認知されたGoogleのGmail。最近はスマホの普及もあってさらに利用者も増え、メインのアドレスとしてGmailを利用する人も少なくないようだ。今回はそんなGmailを、PCのGoogle Chrome上でさらに便利かつセキュアに使える機能拡張を7つ紹介しよう。

【他の画像】

●未読メール数をツールバー上に表示する「Checker Plus for Gmail」

 「Checker Plus for Gmail」は、Gmailの未読メール数をツールバー上に表示する機能拡張。アイコンをクリックすることと受信トレイが開くほか、着信の音声通知にも対応。同種の機能拡張としては「Google Mail Checker」などもある。

●DropboxやOneDriveからファイルを直接添付できる「Cloudy for Gmail」

 「Cloudy for Gmail」は、DropboxやOneDriveなどのオンラインストレージ内にあるファイルをGmailに直接添付できる機能拡張。ファイルパスを挿入するのではなくファイルそのものを直接添付する方式。

●Gmailで日時指定の送信予約ができる「Right Inbox for Gmail」

 「Right Inbox for Gmail」は、Gmailで送信日時が予約できる機能拡張。具体的な日時指定のほか、1時間後や2時間後、翌朝などの指定も可能。無料版では月間送信件数10件という制限がある。同種の機能拡張としては「Boomerang for Gmail」もある。

●迷惑メールの拒否設定をすばやく作成できる「送信者拒否」

 「送信者拒否」は、Gmailのフィルターをすり抜けてくる迷惑メールをブロックする機能拡張。特定送信者および同一ドメインからのメールすべてを拒否したり、件名の同じメール、特定キーワードを含むメールを拒否したりするなどの設定がすばやく行える。

●送信前に宛名や本文のチェックを必須にする「Gmail Address Checker」

 「Gmail Address Checker」は、Gmail に誤送信防止機能を追加する機能拡張。メール送信前に宛先(To、Cc、Bcc)、件名、添付ファイルの確認ダイアログが表示され、それぞれを目視で確認してチェックを入れることで初めて送信ボタンが有効になる。同種の機能拡張としては「Safety for Gmail」がある。

●送信先の数が一定件数を超えていると警告する「GM Checker」

 「GM Checker」は、Gmail に誤送信防止機能を追加する機能拡張。宛先(ToとCcの合計)が指定した件数を超えているとアラートを出して警告してくれる。このほか題名と本文に特定の文字列を含んでいた場合もアラートが表示される。

●宛名やタイトルもテンプレート化する「Template Switcher for Gmail」

 「Template Switcher for Gmail」は、Gmailでテンプレートを利用できる機能拡張。複数のテンプレートを保存し、プルダウンから一発選択できる。標準のテンプレート機能と異なり、本文のほか宛名、タイトルについても指定できる。
posted by ネット/家電を極めたい! at 08:00| Comment(0) | オススメWEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

ニュースアプリ「グノシー」赤字13億9300万円 強気の拡大戦略、成功と失敗の分岐点にある

スマートフォンにひとつのアプリを入れておけば、新聞や雑誌をはじめインターネット上で配信されているニュースがまとめて読める。こうした「ニュースアプリ」が続々と誕生し、利用者を増やしている。

中でも「グノシー」は、大々的にテレビCMを流して知名度を上げ、拡大路線をひた走る。ただ「ネットでニュース配信」は新しいビジネスモデルとは言えないだけに、「次の一手が欲しい」と専門家は指摘する。

販管費16億2980万円と目立って多い
当期純損失13億9300万円と、巨額の「赤字決算」を発表したグノシー。2014年8月29日の官報に掲載された、同社第2期(2013年6月1日〜14年5月31日)の決算公告で確認できる。さらに、売上高が3億5900万円なのに対して、販管費が16億2980万円と目立って多い。

グノシーは2012年11月創業で、ダウンロード数は14年6月時点で約400万件と、ニュースアプリの代表格だ。14年3月にはKDDIと業務提携を発表して資金提供を受け、6月にはさらに12億円の出資を得た。

KDDIとの提携のタイミングで「ニュースアプリ初」というテレビCMの放送をスタート。グノシー共同最高経営責任者(CEO)の木村新司氏は、4月28日付の日経MJのインタビューでCM開始の意図について「ユーザー数を飛躍的に拡大する時期に入った。3月からサービスを、より一般的なものに方向転換した」と説明している。また木村氏は、「10億円以上とされる増資分」の「8割以上を広告宣伝費につぎこんだ」と明かした。こうなると決算公告にある「販管費16億円」のうち大部分は、広告宣伝費とも考えられそうだ。

見渡せば、ニュースアプリは「スマートニュース」「アンテナ」「LINEニュース」とダウンロード数でグノシーを急追するライバルがひしめく。中でもスマートニュースは、8月1日からテレビCMを始め、36億円の資金調達も実施した。グノシーとしては「赤字覚悟」でも、早い段階で勝負に出たようだ。

出資を受けて「カネ」はあるが知名度が低いネットベンチャーが、テレビCMを通じてアピールするのは珍しいことではない。ITジャーナリストの井上トシユキ氏は、「近年ではソーシャルゲーム会社が同様の手法を取っていました」と話す。グノシーの場合、確かにダウンロード数はCM後の方が増えている。明確な数字は発表されていないが、競合他社と比べて圧倒的な差をつけるまでには至っていないようだ。

ニュースと連動する新サービス・アプリが望ましい
井上氏は、「アプリビジネスの場合、会員を集めたらそれを何に使うかが基本」と指摘する。端的に言えば、新しいアプリやサービスを投入して利用者を囲い込む必要がある。例えばグノシーと連動するようなサービスが新しく加われば、ニュースの閲覧数が増えて広告媒体としての魅力も増すといった相乗効果が期待できる。ヒット作となれば、さらなるユーザー拡大につながるかもしれない。ニュースは「ネットでも人気の、外さないジャンル」(井上氏)だけに、内容次第でビジネス拡張が望めそうだ。

ただ、今のところグノシーには新サービスの気配はない。むしろ木村共同CEOは、2014年度内に「英語圏30か国でサービスを開始したい」(4月28日付「日経MJ」)と、ニュースアプリそのものに注力していく姿勢を見せている。これについて井上氏は、「ニュースのまとめ読みは、ヤフーニュースを筆頭に各種アプリなど、斬新なアイデアとは言えません。現状では話題になっているニュースアプリですが、次々と競合サービスが生まれている状況です」と指摘する。「次に何をしたいんだろう」というものが見えてこないと、利用者はそのうち他社のサービスに乗り換えてしまうというわけだ。

最後に井上氏は、こう警鐘を鳴らした。

「類似の例は、1990年代後半の『ビットバレー』の時代から何度も見られました。グノシーは今、成功と失敗の分岐点にあると言えるでしょう」。
posted by ネット/家電を極めたい! at 00:50| Comment(0) | オススメWEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

フォルダのないGmail、複数メールをまとめて分類するには?

 Gmailでは、メールを開封しなくても受信トレイ内で複数メールにまとめてラベル付けができます。

●複数のメールに一度にラベルを付ける

 1つ1つメールを開いて分類するのでは時間がかかってしまいます。メールタイトルや差出人だけで内容が判断できるものは、受信トレイで複数のメールにチェックを入れ、まとめてラベルを付けて分類しましょう。

 そのほかの方法として、チェックした複数メールのうちの1つにラベルをドラッグする方法と、チェックしたメールをラベルリストにドラッグする方法があります。前者では受信トレイに入ったままラベルが付けられますが、後者ではラベル付けと同時にアーカイブされます。
posted by ネット/家電を極めたい! at 21:47| Comment(0) | オススメWEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

スマホのレンタルビデオサービス5つのメリット

先日、見逃していた映画をスマートフォンで観た。今年2月に劇場公開された映画で、映画館で観たかったのだが、予定が立たずに断念した。近所のレンタルビデオ店に足を運んだ際も残念ながら全て貸出中となっていた。
スマートフォンが普及する以前は、筆者もレンタルビデオ店でよく映画を借りて観たものだ。当然ながら、ビデオデッキやDVDプレーヤーとテレビが必要となるため、自宅で視聴していた。

しかし最近はどうだろうか。スマートフォンで映画をレンタルすることができるため、自宅でなくても、いつでもどこでも気に入った映画を鑑賞することができる。
例えば、電車の中で好きな映画を観ていたとしよう。たまたま横に座った異性がそれを見る、その異性も好きな映画だったため、話しかけられ、それがきっかけで仲良くなり付き合い始めるという奇も、ひょっとしたら起きるかもしれない。可能性は限りなく低いかもしれないが、ゼロではない。全く面識のない人との出会いは極端な例だが、面識がある人であれば視聴している映画がきっかけで、親交を深められるケースは割と多いのではないだろうか。
これはレンタルビデオ店で借りたDVDにはできない芸当である!レンタルでの自宅視聴では、間違いなく出会いの可能性はゼロだからだ。

妄想や夢はともかく、スマートフォンのレンタルビデオサービスには、案外、メリットが多く存在する。

●スマートフォンで映画を借りる5つのメリット
その1 どうにも切ない「貸出中」の敗北感に身を焦がす必要がない
当然ながら、スマートフォンのレンタルビデオには貸出中がない。したがって、意気揚々とレンタルビデオ店へ足を運んだものの、「貸し出し中」のラベルに返り討ち似合い、切ない気分と「敗北感」に攻められながら帰路につく必要も無いわけだ。

その2 鬼の延滞料金にビクビクする返却プレッシャーがない
そして返却の必要もない。大半のスマートフォン向けレンタルビデオサービスでは、レンタル決済をすると30日間決済記録が残り、一回視聴すると48時間以内に見終わるよう設定されている。それが終わると単に観られないだけだ。レンタルビデオは返却を忘れると超過料金や延滞料金が発生してしまう、料金追加のプレッシャーや、雨の日や病気の日に無理して外出して返却する必要もない。さら、スマートフォン視聴なら、紛失・破損もないので、最悪な買い取り・弁償といったリスクもなく、心穏やかに視聴できる。

その3 いつでもどこでも観られる
レンタルしてしまえば、インターネットできる環境こそ必要だが、まさに”いつでも” ”どこでも”映画を楽しむことができる。例えば花火大会の待ち時間に屋外で観る、キャンプで寝付けないときに観る、旅行で移動中に観る、電車の通学通勤時に観るということだってできる。また、スマートフォンの画面は小さいため、2人以上で観る際には、必然的にそれぞれの顔が近づく。これはフラグが立ちそうですぞ!

その4 通信がなくても見られる!スマホ視聴の裏ワザ事前ダウンロード
地下鉄など通信が不安定な場所で視聴する際にはあらかじめダウンロードできるサービスもある。「iTunes Store」「Google Playムービー&TV」や「Amazon インスタント・ビデオ」「dビデオ」などがサポートしている。なお、この3サービスでダウンロード対応環境には差があるため、注意しよう。

4つの代表的なサービスのうち、iPhoneにもAndroidスマートフォンにもダウンロード対応しているのは「dビデオ」のみとなる。

一回ダウンロードしてしまえば、本体の空き容量に注意する必要こそあるが、通信が不安定な山間部や地下鉄などでも快適な映画視聴ができる。ぜひオススメしたい。

その5 大画面テレビでも見られる スマホのビデオレンタル
スマートフォンで映画を観るのもよいが、自宅では大画面で映画を楽しみたいだろう。その際、便利なのが、ケーブルでも、ケーブル無しでも視見られるスマートフォンの外部出力機能だ。
例えばMHL出力に対応したAndroidスマートフォンであれば、MHL変換アダプタとHDMIケーブルを利用すれば簡単にテレビで見ることができる。Googleの「Chromecast(クロームキャスト)」という4,200円(税別)通信機器をテレビに付ければ、ケーブル無しで映画をテレビで見ることもできる。ほかにもiPhoneであれば「Apple TV」を使えば同様に観ることができる。
それほど難しいものではないので、「対応スマートフォン持っているよ!」というひとはぜひ挑戦してみよう。

●スマートフォンでレンタルビデオの注意点は通信量
ここまで5つのメリットを述べたが、注意点も存在する。それは通信量だ。
2時間の映画では1Gバイトから1.5Gバイト程度の容量が消費される。ケータイ会社のスマートフォン通信だけで映画を観ると、数本で通信量が制限に達していまい、通信規制対象となってしまう。
通信量は、ケータイ会社のアプリやサイト、スマートフォンの設定などで通信量は確認できる。
できれば長時間の視聴をする場合は、Wi-Fiを利用して映画を観ると良いだろう。
しかしながら、注意点はそれだけである。
ほぼ最新映画を数百円で、かつどこでも観られるメリットは代えがたいものがあるだろう。一回使ってみると、その便利さに驚くのではないだろうか。
スマートフォンとレンタルビデオはとても相性が良いことにも気づくはずだ。
posted by ネット/家電を極めたい! at 22:14| Comment(0) | オススメWEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

スーパーハカー集まれー 最新のウィンドウズをハッキングできた人に1450万円プレゼントですって

賞金がケタ違い。
マイクロソフトは、最新のウィンドウズOSへの新しい攻撃・防御策を見つけた人に、最大で15万ドル(約1,450万円)の賞金を贈ると発表しました。時事ドットコムが伝えています。
ハッキングすると1,450万円...! これはすごい額ですね。一時間でできたら、時給1,450万円ですよ。
 
 
ハッキング対象となるOSは、今年後半にリリース予定の『Windows 8.1』。新しいOSをリリースするからには、セキュリティホールをなくしておきたいということでしょう。
もし自分にハッキングの知識があったら...と思っちゃいますよね。でも、こういうのを見つけられる人は、世界に1人とかなんだろうなー。
2chでよく見るスーパーハカーのお友達がいる皆さんは、ぜひこのイベントの存在を教えてあげたらいかがでしょうか。
posted by ネット/家電を極めたい! at 21:48| Comment(0) | オススメWEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
出会い女性登録