2013年06月23日

死後もネットを漂う「故人情報」…トラブルも

 友人とのメール、ブログやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に掲載した文章、写真、動画……。
 私たちが日々、発信している大量のデジタルデータは、ネット上のコンピューター・サーバーに蓄積され、増える一方だが、自分の死後、どう扱われるのだろう。実は、情報技術(IT)サービスの運営会社は利用者の死亡を想定していない場合が多く、故人の「デジタル遺産」が不本意な形でネット上に残り続けたり、相続を求める遺族と運営会社がトラブルになったりするケースが出ている。
 ◆亡くなった管理人◆
 〈入院して延命するか、自宅で延命するか〉。男性が匿名でネットに公開していた「闘病ブログ」は、そんな言葉を最後に5年前から更新が止まっている。
 ブログ管理人だったこの男性の死亡で放置されているとみられるが、投稿欄は、わいせつな文言など100を超える無関係の書き込みで埋め尽くされている。
 「最強のバイト。笑いが止まりません!」「月収200万超えた!」。悪質サイトなどに誘導するアドレスが掲載され、閲覧者がクリックすれば、コンピューターウイルスに感染する危険もある。削除する管理人がいないため放置され、ブログは閉鎖されないままだ。
 こうしたサイトは相当数あり、故人の中傷が書き込まれるケースもある。各運営会社は、遺族らが管理人の死亡を証明する書類などを提出すれば、「閉鎖の手続きを取る」としている。
 しかし、家族に知らせずに開設されていたブログも多い。遺族らの申し出がない限り、死亡を知るすべがないのが現状だ。
 ◆相続は?◆
 一方、一般には公開されないメールやSNSの記録、データ保存サービスの文書や画像を巡って、運営会社に開示を求める遺族からの相談が増えている。「亡くなった親がお世話になった人の連絡先を知りたい」「思い出の写真が残っていないか」などのほか、「子供が自殺した理由を知りたい」という要望もある。
 パスワードを再発行してアカウント(利用登録)の継続利用を認める運営会社も一部あるが、「電気通信事業法の『通信の秘密』に抵触する」(ヤフー)、「家族に知られたくない可能性もある」(ミクシィ)として応じないのが大半だ。
 「アカウントは本人だけの『一身専属制』のもの」(ニフティ)とみなし、生活保護の受給権などと同様、財産のような相続の対象にならないと解釈している。
posted by ネット/家電を極めたい! at 10:42| Comment(0) | オススメWEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

ITビジネス Web デジタル家電 パソコン モバイル スタイル ランキング 写真 コメント フェイスブックの最年長ユーザーが死亡、哀悼コメント相次ぐ―露メディア

2013年5月5日、ロシアのニュース専門局RT(電子版)によると、フェイスブックの最年長ユーザー、ギリシャのレオニダス・バヌラブロスさん(105歳)がこの世を去った。彼のフェイスブックには世界各国から哀悼のコメントが相次いでいる。6日付で環球時報が伝えた。

レオニダスさんは1908年生まれ。2人の娘と4人の孫、9人のひ孫がいた。フェイスブックを始めたきっかけは、孫や近所の人たちとの交流が目的だったが、最近では約5000人のユーザーが「友達」に承認されており、彼らの間では「レオニダスおじいさん」として人気があった。

レオニダスさんがフェイスブックを利用する上で、唯一困ったことは自分の出生年月日を書き込めないことだったという。選択年のなかに「1908年」がなかったのがその理由だ。レオニダスさんはかつて「なぜだ?3ケタの年齢の人間はフェイスブックをしてはいけないのか?」との不満を書き込んでいた。生前、メディアのインタビューを受けて、「独裁政権の時代でも、私は軽視されたとか裏切られたとかいう感覚はなかった。100年生きて、あの頃の方が今よりも現実味があったような気がする」と答えている。レオニダスさんの訃報を知ったユーザーたちは、現在も次々と哀悼のコメントを寄せている。
posted by ネット/家電を極めたい! at 13:50| Comment(0) | オススメWEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

Twitterでの”炎上”を回避するための2つのWebサービス - 「Retwact」と「efemr」をチェック!

いまや定番のコミュニケーションツールとなっているTwitterは、スマートフォンアプリから利用することで、思いついたことをより気軽に投稿できるようになっている。だが、気軽に投稿できる反面、不用意なツイートには注意が必要だ。

Twitterはブログとは異なり、一度投稿した内容を修正できないほか、”リツート”の仕組みによってフォロワー以外の多くのユーザーにツイートが広まってしまい、思わぬトラブルを招く可能性がある。そこで本稿では、そのようなトラブルを回避するのに役立つWebサービス「Retwact」と「efemr」を紹介しよう。

リツイートされた投稿内容を訂正したいときには、「Retwact」というWebサービスが便利。RetwactのWebサイトでTwitterアカウントを連携すると、自分が投稿したツイートのうち、リツイートされたものが一覧表示される。訂正したいツイートを選択し、撤回のコメントや修正後のテキストを入力して[Share]をクリックすることで、Twitterへメッセージを投稿可能。訂正のコメントに加えて、前回のツイートを表示するWebページのURLも投稿されるため、何を訂正したいのかがすぐに理解できるようになっている。

なお、当該ツイートをリツイートしていたユーザーに対し、「@retwact」というアカウントから訂正のメッセージが届くという機能も備えられていたが、@retwactアカウントは現在凍結されており、その機能は利用できなくなっている。

「efemr」は、指定時間の経過後にツイートが自動削除されるように設定できるWebサービス。特定のルールにもとづくハッシュタグを付加することで、投稿時にツイートが自動削除されるように設定することが可能。efemrのWebサイトでTwitterアカウントとの連携を行ったら、以後はいつも使っているTwitterクライアントから利用でき、時間に関するハッシュタグをツイートに付加すればよい。

たとえば、「#5m」というハッシュタグを付けた投稿は5分後、「#1h」であれば1時間後にツイートが自動で削除される。なお、秒単位の指定はできない。また、ツイート自体が削除されるので、公式リツイートされたツイートであれば同時に削除できるが、コメントを付けた非公式リツイートをされてしまうと対応できない点には留意しておこう。

*  *  *

Twitterは気軽に投稿できることが特徴だが、同時に誤解を招く発言や、間違った内容のツイートをしてしまうこともある。内容によっては数多くの批判的なコメントが集中するいわゆる”炎上”状態となる可能性もあるため、投稿前に内容をよく確認することに加え、今回紹介したWebサービスを利用するなどして対策しておくとよいかもしれない。
posted by ネット/家電を極めたい! at 09:55| Comment(0) | オススメWEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月03日

Facebookの”友達”を削除せずに、友達と距離を置く方法

Facebookの友達が増えれば増えるほど、”友達”の度合いが異なる人がいて管理が面倒になってくる。

”友達”とは言えない人は削除するのがベストだろうが、そこまでせずしてなんとか距離を置くことはできないか。

Mashableが「Facebookでアンフレンドする5つの代替案(原題 : 5 Alternatives to Unfriending Someone on Facebook)」という記事でその方法を説明している。

上司だったり、取引先だったり、はたまた親戚だったり……友達申請を拒否できず友達になったが、削除できないケースはさまざまだろう。

さらには、友達が自分を削除したらわかるアプリやツールもあるから、うっかり削除することもできない。

Mashableの記事は、そんな友達がいる人向けだ。

スパム的な投稿や広告要素の強い投稿、あるいは画面上であっても見たくないぐらい好きではない人の投稿……これらは簡単に自分のフィードから消す(非表示にする)ことができる。

右上にカーソルを合わせ、表示される矢印ボタンをクリックすると「非表示にする」と出てくるのでクリックすればよい(誤って非表示にした場合は、「表示する」から戻せるのでご安心を)。

スパムなら「記事またはスパムを報告する」をクリックして、フィードをすっきりさせよう。

この人からの投稿は絶対見ないと心に決めている人がいるなら、一括設定しておこう。

1.で「非表示にする」をクリックしたら、「〇〇さんから受け取るアップデートの種類を変更」「ニュースフィードに誰を表示するか編集する」というメニューも出てきたはずだ。

後者の「ニュースフィードに誰を表示するか編集する」をクリックして、フィードに表示する友達を整理できる。

1.の「非表示にする」の後に出てくる2つの候補から、今度は前者の「〇〇さんから受け取るアップデートの種類を変更」をみてみよう。

ここにカーソルをあてると、特定の友達のアップデートについて、どのアップデートを自分のフィードに表示するのかを設定できる。

設定できるのは、「どのアップデートを表示しますか?」と「フィードの種類」の2種類。

デフォルトでは、「どのアップデートを表示しますか?」は「ほとんどのアップデート」、「フィードの種類」は全てにクリックが付いているので、適宜解除していこう。

最下部には「フォローをやめる」というオプションもある。

左のメニューに「友達」という項目がある。

そこにカーソルを合わせると、「もっと見る」が表示されるので、それをクリック。

すると、「新しい友達」「知り合い」などの項目の中に「制限」がある。

制限は、あなたが公開したアップデートやプロフィール情報しか共有できない。

ニュースフィード記事をたまにチェックするだけでよいという友達は「知り合い」リストに入れよう。

一括設定ではなく、投稿の内容に応じて公開を設定したいときは、「カスタムプライバシー設定」を活用しよう。

「共有範囲」と「シェアしない相手」が出てくるので、ここで共有したくない人をチェックしてから「投稿」ボタンを押す。

「カスタムプライバシー設定」は、近況を書き込むボックス(「今どんな気持ち?」)の下、「投稿」ボタンの横からアクセスできる。
posted by ネット/家電を極めたい! at 21:47| Comment(0) | オススメWEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

錯覚まで生む?根深いスマホ・バイブの問題…振動小さすぎは、メーカー側があえて?


 昔の携帯電話と今のスマートフォン(スマホ)には、異なる点が数多くある。バイブレーターによる振動が弱くなったことも、そのひとつだろう。

 一昔前、着信でバイブレーション機能が動作したときは、携帯電話が激しく「ブワワワワン、ブワワワワン」と踊り狂うように動いていた。ところが、最近のスマホでは、そんなけたたましさは影をひそめている。ネット上でも「振動が弱いので電話に気づかずに困る」「交換機種のバイブの弱さにうんざり」「バイブ弱すぎ」などの嘆きの声が見られる。

 スマホの振動は、機器に組み込まれた「振動モーター」という素子がつくるもの。モーターの回転軸の先端に、重心をわざと不釣り合いにした分銅が付いている。着信の電波を受信するとモーターが回転するが、回転軸につながっている分銅の重心が不釣り合いになっているため、これで振動が生じるわけだ。

 分銅の不釣り合いの度合を大きくすれば、その分、振動は大きくなる。一昔前の携帯電話では、分銅の不釣り合いの度合が大きかったのだろう。

 スマホの“軽薄短小”化が進むなかで、振動モーターにも小型化が求められてきた。小さな素子で大きな振動を生み出すためには、技術的な難しさはあるだろう。

●メーカーが、あえて振動を弱めている?

 だが、スマホを製造するメーカーが、あえて振動を弱めていることも考えられる。“震え過ぎ”による周囲の素子への影響を軽減するねらいもあるだろうが、“テーブル直置き”に対応する狙いもありそうだ。カフェでは、数人がけのテーブルの上にスマホを置く人が多くなった。着信でスマホが振動すると、ほかの客にも伝わる。それでも人々はテーブルの上にスマホを置こうとする。であれば、振動は小さいほうが都合がよい。

 携帯やスマホを使う本人にとっても、突然の大きな振動は驚くものだ。特に折り返しの電話を待っているときには、いつかかってくるかと緊張感を強いられる。大きな振動がストレスになる人もいるだろう。

 他人への迷惑や自分へのストレスを減らすために、弱い振動のほうがよい。妥当な考え方だ。

●生活環境の振動と同化

 しかし、振動が弱まることでの問題もある。着信に気づかないという使い勝手の問題はもちろんのこと、精神的な問題も起きうる。

 街中や室内を見回すと、振動するものはスマホ以外にも多くある。土木工事、道路上のトラックの通過、上空のヘリコプター、冷蔵庫のモーター、洗濯機のドラム、などなどだ。たいてい、これらの振動は遠くで起きていたり、弱かったりするため、意識しなければ感じないくらいのものが多い。

 スマホの振動が弱まっていくことは、その振動が、これらの生活環境での振動に近づいていることを意味している。その先にあるのは、着信に対する過敏な反応だ。
 携帯電話が着信していないのに、「バイブが震えているのでは」と錯覚することを「ファントム・バイブレーション・シンドローム(幻想振動症候群)」という。着信に対する神経過敏ぶりの現れとされている。

 これまでは、どちらかというと「本当は振動を感じていないのに、携帯電話が振動しているように錯覚する」ことが問題の中心だった。現在は「ほかの振動を感じているのに、スマホが振動しているように感じてしまう」という問題が、さらに加わった状況といえる。

 バイブレーターが弱いと迷惑になりにくい。でもバイブレーターが弱いとストレスにもなる。バイブ機能利用者は、そのジレンマのなかにいる。
posted by ネット/家電を極めたい! at 12:06| Comment(0) | オススメWEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
出会い女性登録