2014年08月30日

若い世代は小口払いでもカード・電子マネーを選好

若い世代が小口の買い物でもクレジットカードや電子マネーで支払うことを選好しているのは、コンビニエンスストアなどを見ていると実感するところだ。

このことについて、米国での統計的な調査を目にした。日本の状況はどうか?と思ってネットで検索してみると日銀が「最近の電子マネーの動向について」(2012年)というレポートを発表していた。

まず米国の調査(Princeton Servey Research International)の調査を見てみる。

まず消費者全体としては、5ドル以下の買い物でも約1/3のアメリカ人はデビットカードやクレジットカードを使っていることが分った。サンプル調査によると、65%の人は現金で支払うが、22%の人はデビットカードを使い、11%の人はクレジットカードを使っている。

小口の支払を現金で払うかカードで払うかの違いと、所得水準等による差はほとんどない。決定的な違いは年齢差である。サンプル調査によると、1980年〜2000年の間に生まれた消費者層Millennial consumersの51%は現金払いよりカード払いを選好している。年齢が上昇するとともに現金払いを選好する割合が増え65歳以上のシニア層になると85%が現金払いを選好する。

現金払いよりカード払いを好む層がカードを使う理由は幾つかある。一つはカード払いで「ポイント」を獲得することができることだ。またカード払いにより「支払記録」を残すことができる。簡単に家計簿をつけることができる訳だ。また若い世代では学生時代から昼飯をプリペイドカードで支払うことに慣れてきた、という慣れの問題もある。

次に日本の状況を日銀のレポートから見てみよう。

調査によると1,000円以下の支払にクレジットカードを使う割合は「二人以上世帯」で4%強、電子マネーを使う割合は6%強合計で10%強である。また「単身世帯」でクレジットカードを使う割合は15%、電子マネーを使う割合は30%弱となっていて、合計では約45%である(2011年)。

また1,000円以下の支払を電子マネーで行っている割合を年齢別で見ると、30代が14%と一番高く、40代は12%、50代は6%弱で減少し、60代では4%、70代では2%にとどまっている。

以上のことから、日米では小口払いに対するカード払い(クレジットカード・デビットカード・電子マネー)の割合には違いがあるものの、年齢層別の利用状況はかなり相似していることが分る。

★   ★   ★

ところで私は統計的には、圧倒的に「現金払い」を選好する年齢層に入るのだが、実はかなり積極的に電子マネーでの支払を利用している。

その理由としては「ポイントがたまる」ということに加えて、「レジでの支払いの手間がかからない」ということがある。レジで小銭入れをかき回して、後ろの人をイライラさせる(本当にイライラしているかどうかは別にして)のはスマートなものではない。

年を取ると小銭を探すといったことが面倒になり、お札を出してお釣りを貰うことが増えるが、これもレジ係に負担をかける上、小銭入れが重たくなるのでスマートではない。

私はスマートなシニアは電子マネーを積極的に利用すべし、と思っているのだが如何なものだろうか?(もちろんハッカーリスクや電子マネーの置き忘れリスクにはご用心)。
posted by ネット/家電を極めたい! at 11:00| Comment(0) | デジモノ感想日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

古い情報を検索できる便利な検索サイトSocial Searching

TwitterとFacebookは、かなり有益な情報ソースとしての地位を確立しつつあります。今回の震災で実感した人も多いのではないでしょうか。しかし、少し前に見た便利なツイートやポストをもう一度見たい場合、情報が多すぎて探し出せないことがあります。そのような時は「Social Searching」を使えば、簡単に過去の情報を見つけられます。
 
TwitterやFacebookは、フォローやフレンドがツイートしたりポストする量によって、昔のポストがすぐに見つけ難くなってしまいます。特にTwitterの検索機能は、2週間前までしか遡れません。Social Searchingは、TwitterやFacebookで更新された情報を検索できる、とてもシンプルな検索サイトです。
まず、TwitterやFacebookのアカウントにサインインします。検索はできますが、自分のツイートやポストした情報が溜まっていくことはありませんので、ご安心を。
Twitterの検索機能は、ユーザー名と探したいキーワードを入力するだけで行えますが、かなりすばらしい出来だと思います。特定のツイートを探せるだけでなく、特定のユーザーのすべてのツイートを見られたり、好きなだけ過去に遡れるので、非常に便利です。
TwitterやFacebookで何かを検索したい時は、迷わずSocial Searchingがオススメです。

http://socialsearching.info/
posted by ネット/家電を極めたい! at 13:01| Comment(0) | デジモノ感想日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

【ニンテンドー3DS】どのくらいプレイすると気分が悪くなるのか? 体調が悪ければ5分でもヤバイ




携帯型ゲーム機初の3D(立体視)機能を搭載し、話題を呼んでいるニンテンドー3DS。発売前から注目を集め、事前予約や当日販売で購入したという人もいるだろう。発売前の体験プレイで、「目が痛くなる」などの噂があったのだが、いったいどのくらいの時間プレイすると、体の調子が悪くなるのだろうか? 実際にプレイしてみた。

発売日に運良く手にした記者(佐藤:汚れの目立つコスモブラックを購入)は、自宅に持ち帰ってすぐにプレイ開始。3D機能を存分に味わいために、3D効果のスライダを全開にして、内蔵ソフトを確かめてみることに。
ところが、画面を3Dにした途端に目まいに似た感覚に見舞われた。一瞬視点が定まらずに、画面が2重に見えたのである。うまく立体視するためには、ある一定の角度と距離が必要なのだ。そのツボにうまく合わせないと、画面はいつまでも2重に見えたままだ。

なんとか目が慣れたところで、内蔵ソフトと購入ソフトをそれぞれプレイすることに。最初の目まいを乗り越えると、しばらくは落ち着いてプレイすることができるようになった。
だが、プレイを続けるうちに、頭の奥の方に鈍痛を感じるようになってしまったのである。比較的動きの少ないソフトの場合は、あまり苦もなく遊んでいられるのだが、場面が目まぐるしく展開するゲームは、直視するのが耐えられなくなるのだ。

特に、美しいグラフィックと臨場感に定評のあるレースゲーム『リッジレーサー』は、3Dで長らくプレイしていると、乗り物酔いのような感覚に陥るのだ。グラフィックのクオリティがあまりにも高すぎるためか、頭がついて行かないような気さえする。秀逸に仕上がっているだけに、ゲームにはまり込めないのは本当に残念だ。

いろいろソフトを確かめながら、約30分プレイしたところで、3D機能の使用を一旦中止した。その後、長時間にわたって鈍痛は消えなかったのだ。これがもし、体調が思わしくないときにゲームをしたら、5分と画面を見ていられない可能性もある。

3D効果のスライダボリューム全開で遊ぶのは、体調が万全なときだけにした方が良さそうだ。調子が今ひとつのときには、3Dにせずに遊んだ方が良いだろう。いずれにしても、こまめに休憩しながらゲームすることをお勧めしたい。また、電車やバスで移動するときも立体視は避けた方が良いかも知れない。

posted by ネット/家電を極めたい! at 11:00| Comment(0) | デジモノ感想日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

「ニンテンドー3DS」は3Dゲーム利用時に本体の固定推奨、6歳以下の利用に注意喚起も

01.jpg

いよいよ2月26日(土)に発売される任天堂の最新型携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」ですが、3D立体視を利用するしてプレイする際には本体を固定することがゲーム開発者によって推奨されました。

また、6歳以下の3D立体視利用に対しても注意喚起が行われています。


「星のカービィ」「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズなどでおなじみのゲームクリエイター、桜井政博氏のTwitterによると、ニンテンドー3DSで3Dゲームをプレイする場合、個人差によるものの、疲れやすくなりがちなため、立体感を適度に調整する必要があるそうです。また、3DS本体を固定した方が良いとのこと。


本体を固定してプレイした方が良い理由についてですが、立体視を利用するためには特定の位置に目線を合わせる必要があり、操作による手ブレを避ける必要があるとされています。


なお、任天堂も1月8日(土)から実施予定の「NINTENDO WORLD 2011」のニンテンドー3DS体験会特設ページにおいて、3D利用時は目安として30分ごと(従来は1時間ごと)に休憩を取ることを推奨しているほか、6歳以下の子どもについては目の成長に悪影響を与える可能性があるとして、体験会では2D表示のみプレイ可能であることを告知しています。

02.png

注意喚起の内容はこんな感じ。6歳以下の子どもの視覚は発達段階にあると言われており、専門家は左右の目に異なる映像を届ける3D映像が子どもの目の成長に影響を与える可能性があるという見解であるため、ニンテンドー3DSには3D映像の表示を制限する仕組みが取り入れられているそうです。

03.png

つまりニンテンドー3DSでゲームをプレイする場合、電車の中などの手ブレが発生しやすい場所では3D表示ではなく2D表示に切り替え、3D表示を利用する場合は台の上に置くなどして固定した方が良く、そして3D表示は6歳以下に利用させない方が良い……ということのようです。
posted by ネット/家電を極めたい! at 20:32| Comment(0) | デジモノ感想日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

「いきなり携帯が」 緊急地震速報にネットもびっくり

「いきなり、一斉に携帯が鳴り響いた」――29日午後5時ごろ、都内を含む広い地域に緊急地震速報が配信され、対応する携帯電話が一斉に速報アラームを鳴らした。

「いきなり、一斉に携帯が鳴り響いた」「マジびびった」――9月29日午後5時ごろ、Twitterにこんなツイートが続々と投稿された。福島県を震源とする震度4の地震があり、気象庁が都内を含む広い地域に緊急地震速報を配信。対応する携帯電話が一斉に速報アラームを鳴らした。

 地震速報を初めて受け取ったユーザーも多かったようで、Twitterには「驚いた」「びびった」といったツイートが多く投稿されていた。地震速報のアラームは、デフォルトではマナーモードでも再生される機種もあり、静かなオフィスや電車内などでいきなり鳴ったアラームに驚いた人も多かったようだ。

緊急地震速報は、NTTドコモが07年10月から、KDDI(au)が08年3月から、ソフトバンクモバイルは今年8月から対応。ドコモ、auは多くの端末で対応しているが(ドコモの対応端末一覧、auの対応端末一覧)、ソフトバンクは「831N」1機種のみ。ドコモではこれまで15回、速報を配信し。都内で配信したのは3回目という。

いや、私もホントにびっくりしました!
posted by ネット/家電を極めたい! at 00:00| Comment(0) | デジモノ感想日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
出会い女性登録