2014年09月14日

iPhone6、実質0円で横並び 通信環境の差が浮き彫りに

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの携帯電話大手3社が12日、米アップルのスマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)6」と「6プラス」の予約を一斉に始めた。3社とも画面サイズが4.7インチの「6」の最下位モデルは実質0円とする。新モデルは処理性能や通信機能が強化されたが、3社とも現行機種と同じ価格水準を維持。19日の発売に向け、顧客争奪戦が早くも熱を帯び始めた。

 予約の受け付けは午後4時に始まり、KDDIとソフトバンクモバイルが価格を発表。13日以降に価格を正式に発表するドコモも含め、記憶容量が16ギガバイトの「6」は新規契約か「MNP(番号持ち運び制度)」を利用した2年契約の場合、実質0円で端末を提供する。その他のモデルの実質負担額は新規契約かMNPの場合、KDDIはソフトバンクよりも240円安い。

 多額の現金還元による顧客の囲い込みは批判を浴びたため、各社は新たな販売促進を手探りしている。KDDIはMNPによる乗り換えで条件を満たした場合、プリペイド式のサービス「auウォレット」で1万円分の電子マネーをプレゼントする。石川雄三執行役員専務は「現金還元で勝とうとは思わない」と話す。ソフトバンクは「5s」と「5c」「5」から「6」(16ギガバイト)に機種変更する場合、端末の実質負担額を0円にするキャンペーンで対抗。さらに2年分合計の通信料金から1万800円を割り引く。

 一方、新機種は毎秒最大150メガビットの高速データ通信に対応し、通信規格も現行の「LTE」に加えて周波数効率が高い「TD−LTE」もサポートするなど通信機能が向上するため、3社のネットワーク環境の違いが浮き彫りになりそうだ。

 KDDIは、毎秒最大150メガビットに対応する基地局の整備計画を前倒しして、年内に現在の1万局から2万局に増やす。2000局のドコモと比べて「圧倒的な差になる」(石川氏)。

 NTTドコモは「5s」「5c」用に毎秒最大100メガビットのLTEサービスを現在提供しているが、東名阪だけながらも新機種は150メガビットでの利用が可能で「専用周波数のため相当の通信速度が期待できる」(同社)。

 150メガビットの通信網を持たないソフトバンクは新機種の性能をフルに活用できないが、TD−LTEサービスで先行。「毎秒最大110メガビットながらも全国網の強みを生かせる」としている。
ラベル:iPhone
posted by ネット/家電を極めたい! at 00:03| Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

iPhone6に搭載されるかもしれないNFCはアップル独自のものになるかも

アップル的にNFCはもう時代遅れ?

アップル製品に関するブログを書いていることで知られるJohn Gruberさんが、自身のブログで次期iPhoneに搭載されると噂のNFCについて、不思議なことをほのめかしています。

Gruberさんがいう「ジョーク」によると、iPhone6に搭載されるとしているNFCベースのペイメントシステムはアップル独自のものになる、というのです。コプロセッサが新しいA8チップに組み込まれ、Touch IDを使った支払いが可能になると予想されています。

また最新のジョークには、そのシステムはiPhoneだけでなく、同時に発表されると噂されているiWatchにも搭載されることを期待させる一文も含まれていましたよ。さらに新しいシステムでNFCより圧倒的に速いとされているFeliCaを超えるようなことがあれば、導入する費用によっては日本のポイントカード業界にもちょっとした転機になるかもしれませんね。

ちなみに複数のメディアが報じるところによると、アップルは新しいモバイルペイメントシステムに向けて、Visaなどの大手クレジットカード会社とパートナーを結んだともいわれており、システム発足のために役員雇用の動きなどをみせていたようです。

9月のiWatch発表に関しても早い段階から予想を立てていたGruberさん。NFCのようなシステムでスマートフォンによる支払いが可能になるだけでなく、ワイヤレス充電もできるようになるかもしれません。今回のジョークが現実になったらと思うと、とてもワクワクしますね。
posted by ネット/家電を極めたい! at 00:27| Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

「iPhone 6L」という名前になりそうな新端末

「L=Lサイズ」だそうです。

4.7インチと5.5インチの2サイズ展開で製造されると噂される新型iPhone。その大きい方、5.5インチモデルの名称は「iPhone 6L」になるという新説が登場しました。もちろん噂ですが。

一方で、5.5インチモデルが「iPhone Air」という名称になるも以前話題になりました。でも、4.7インチのiPhone 6よりも大きくて重い端末が「iPhone Air」っていうのは違和感があります。それをふまえるとこの名前の方があり得そうな気もします。でもなんだかタマゴを彷彿とさせるような…。

なお、5.5インチモデルのiPhone 6には、その大きさから使用素材の発注がなかなか難しいとも言われています。より堅強なサファイアガラスディスプレイが採用されるのでは、とも言われていますが暗雲が立ち込めているという話もちらほら耳にします。

もし大きなiPhoneが本当に開発されているのだとしたら、名称も素材も、そしてきっとマーケティングも今までとは違ってくることは間違いないでしょう。


posted by ネット/家電を極めたい! at 00:10| Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

やっぱり安心したい。アップルの「USB電源アダプタ回収プログラム」が日本でも16日から開始します

不安は少しでも減らしたいですよね。

先日Appleは、他社製のUSBアダブタを純正USBアダプタに特別価格で交換できるUSB取り替えプログラムを米国や中国で開始するとアナウンスしましたが、日本でも開始することが正式発表されました。

「USB 電源アダプタ回収プログラム」は日本では8月16日から始まり、サードパーティ製のUSBアダプタをApple Store (直営店) または Apple 正規サービスプロバイダで回収に出すことができます。そして代わりのApple USB 電源アダプタが1個1,000円で購入可能になります。ただし特別価格で購入できるApple USB 電源アダプタは、iPhone/iPad/iPod1台につき 1 個のみです。実施期間は10月18日までです。

中国では非正規品を使ったためiPhoneで感電する事故が多発したこともあって、不安に思う人もいるはず。サードパーティ製のUSBアダプタが大丈夫かなと思う方はチェックしてみてはいかがでしょうか?
posted by ネット/家電を極めたい! at 10:34| Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

【噂】「iPhone 5S」と「iPhone ライト」(名称は確定?)は、「5」とほぼ同じ大きさ

既に専用ケースを製造している、というメーカーから流出した次期iPhoneの設計図を、海外アップル系情報サイト・アップルインサイダーが紹介してくれました。(TOP画像)
また設計図によると、次世代iPhoneは「iPhone 5S」、廉価版iPhoneは「iPhone ライト」と呼ばれているようです。
サイズの概要は以下の通りです。

iPhone 5S
・高さ(123.8mm)×幅(58.57mm)×厚さ(7.7mm)
・iPhone5と比べて、幅が0.05mm長く、0.1mm厚い

iPhone ライト
・高さ(124.44mm)×幅(59.18mm)×厚さ(8.5mm)
・丸みを帯びたデザイン

iPhone 5Sは、もう5と変わりませんよね。ケースもほぼ同じモノが流用できるかもしれませんね。
iPhone ライトは、5の大きさに4Sの丸みデザインを付加したイメージでしょうか。個人的に廉価版ならもっとぶ厚くなると予想していたのですが... 5が薄すぎると感じていた方は、コチラの方が手にしっくりきそうですね。
なお重量は書かれていません。5Sは5とあまり変わらないでしょうが、ライトは気になりますよね。

あくまでリークなので、鵜呑みにするわけにはいきません。とはいえ、アップルファンにとっては馴染みのデザインになりそうなのは朗報でしょう。
posted by ネット/家電を極めたい! at 13:53| Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
出会い女性登録