2011年10月25日

タブレット端末を買いたい、買いたくない理由



 現在どんな場所でタブレット端末を利用していますか? タブレット端末を利用している人に聞いたところ「自宅のリビング」(71.8%)が最も多く、「自室・書斎」(50.2%)、「寝る前(ベッドや布団の中)」(42.0%)であることが、MM総研の調査で分かった。現状ではタブレット端末利用者の多くは、屋外より屋内で利用しているようだ。

 またタブレット端末を使って利用している機能・サービスを尋ねると「インターネット検索・閲覧」(80.8%)が断トツ。次いで「Eメール」(55.6%)、「動画・映像の視聴(YouTube・Ustream・ニコニコ動画など)」(51.6%)、「ゲーム」(48.6%)という順に。この結果を受け、MM総研は「PCやスマートフォンで良く使われている機能とよく似ていることが分かった」としている。

グラフ:タブレット端末で最も利用されている機能、ほか
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1110/24/news049.html

 タブレット端末のどういった点に満足しているのだろうか。「満足している(大変を含む)」項目で最も多かったのは「画面の大きさ」(76.6%)。逆に、満足度が低かったのは「重さ」(34.2%)と「3Gの通信速度やネットワークのつながりやすさ(※3G利用者190名のみ回答)」(31.3%)だった。

 またタブレット端末で改善すべき点を聞いたところ「重量が軽くなること」(60.6%)がトップ。以下「バッテリー容量の増加」(45.0%)、「壊れにくさ・頑丈さ」(38.2%)と続いた。

●タブレット端末を買いたい、買いたくない理由

 今後、再度タブレット端末を購入したいと思っている人はどのくらいいるのだろうか。「購入したい」(47.0%)と「購入を検討したい」(38.4%)を合わせると、8割以上の人が再購入の意向を示した。

 「購入したい(検討したいを含む)」という人に、その理由を聞いたところ「使い勝手が良かったから」(57.6%)が最も多く、次いで「機能に満足しているから」(38.6%)、「必要性を感じているから」(32.1%)と続いた。

 一方「購入したくない(あまりを含む)」という人に、その理由を尋ねると「利用できた機能・サービスがPCやスマートフォンで代替できるから」(30.1%)、「本体価格が高いから」「必要性を感じなかったから」(いずれも26.0%)、「使いこなせなかったから」(19.2%)という結果に。

 インターネットによる調査で、現在タブレット端末を利用している500人(うちiPad利用者は444人)が回答した。調査期間は10月7日から11日まで。


posted by ネット/家電を極めたい! at 00:15| Comment(0) | iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

デジカメで撮った写真をその場でiPadに同期できるアプリ「Photosmith」

Photosmith01.jpg

Photosmithは、デジカメから直接写真をiPadに読み込ませることができる画期的なアプリです。

ただし利用するにはいくつか要件があって、まずPhotosmithはAdobeのLightroomソフトが必要です。

さらにアップル製のカメラコネクトキットが必要なのと、iPadと同期させる時はWiFi環境下にいないといけません。
posted by ネット/家電を極めたい! at 11:00| Comment(0) | iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

iPadを超えた高性能タブレット端末!次世代機「Galaxy Tab 10.1」の開発が明らかに

「Xperia PLAY」や「GALAXY S II」が発表されるなど、ここに来てスマートフォン市場が活気づいているが、タブレット市場も負けてはいない。実際、アップルのiPadに対抗するAndroid端末「Galaxy Tab」は、昨年の12月時点で全世界で100万台以上の売り上げを記録した。

そんな「Galaxy Tab」の次世代機を、NVIDIAとサムスン電子が開発していることが明らかになった。現時点で、名称は「Galaxy Tab 10.1」としている。

サムスンの研究開発戦略グループ担当バイス・プレジデント、ヒョンムン・ノウ氏は、
「当社が初めて出したGALAXY Tabは、新世代のAndroidタブレットがどのようなものであるのかを世に示しました。そして基準をさらに高めるため、サムスンはNVIDIAと協力して開発を進めてきました。HoneycombとTegra 2を搭載したGalaxy Tab 10.1は、サムスン製品に期待されるモビリティを損なうことなく、エンターテイメントとマルチメディアの体験を最適化することができます。」と、コメントしている。

■次元が違いすぎる!スーパータブレット端末だ
「Galaxy Tab 10.1」は、10.1インチのディスプレイを備えたタブレット端末。最大の特長は、NVIDIA Tegra 2モバイル・スーパーチップを搭載し、Android 3.0(Honeycomb)のユーザ・インターフェースを最大限に活用できる点だ。

Tegra 2チップは、デュアルコアCPUに加え、グラフィックス処理にGeForce GPUを内蔵している。これにより、ウェブ閲覧のスピードアップと素早い応答が実現されたほか、総合的なパフォーマンスも大きく改善されている。

単純比較はできないが、チップ性能では、iPadを超えたタブレット端末と言っても過言ではないだろう。

Android 3.0では、GPUによる処理をサポートしている。Tegra 2搭載の「Galaxy Tab 10.1」では、マルチタスクが利用できるほか、ウェブブラウズや、Flashコンテンツがスムーズに閲覧できる。ゲームやHD映画も快適に楽しめる。

NVIDIAのモバイル事業担当ゼネラルマネージャー、マイケル・レイフィールド(Michael Rayfield)氏は、「Tegra 2モバイル・スーパーチップとHoneycombを搭載したサムスンの最新タブレットは、世界的なイノベーション企業らしい製品の好例だと言えます。」と、コメントしている。


NVIDIAとサムスンは、デュアルコアCPUを搭載したAndroidベースのスーパーフォンを提供し、かつてない体験の実現に向けた協力も進めていくとしている。

今回、突如として発表された「Galaxy Tab 10.1」は、タブレット市場を牽引する端末となりそうだ。
ラベル:iPhone iPAD
posted by ネット/家電を極めたい! at 11:00| Comment(0) | iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

折り畳めばポケットに入る!iPhoneやiPadに使えるキーボード

01.jpg


iPhoneには、おサイフケータイにするシールやワンセグチューナーといった便利な周辺機器が多い。エレコムはそのようなiPadやiPhoneなどに最適な周辺機器として、英語配列を採用した折りたたみ式のコンパクトなワイヤレスキーボード「TK-FBP017EBK」を1月中旬に発売する。

Bluetooth2.0に対応し、iPadやiPhone、iPod touchなどに最適な英語65キーを採用し、キーピッチはコンパクトなサイズでありながら18mmを確保している。このため、長時間の使用でも疲れにくい。さらに、キートップはオリジナルフォントを採用することで、視認性を高めている。

持ち運び時にはふたつに折りたたんで付属のスエード調専用ケースに収納する。このため、キーボードにキズが付く心配もない。

使用するときには開閉ボタンでキーボードを開き、電源を入れてBluetoothでペアリングを行う。キーは多くのノートPCで使われている「パンタグラフ方式」を採用しているため、薄型でも軽快で確実なキータッチを実現している。

iPhoneなどのタッチパネルでの文字入力がわずらわしく感じているユーザーに最適だ。
posted by ネット/家電を極めたい! at 19:05| Comment(0) | iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

iPadがマルチタスクに対応!アップル、iOS4.2をリリース

iPhoneやiPod touch、iPadのユーザーには、待ちに待ったOSのバージョンアップが発表された。
アップルは2010年11月22日、モバイル向けオペレーティングシステムの最新版「iOS 4.2」が、iPad、iPhoneそしてiPod touchで利用することができる。

iOS 4.2は、マルチタスク、フォルダ、統合インボックス、Game Center、AirPlayそしてAirPrintなど、iOS4.0、4.1そして4.2の100以上の新機能をiPadでも利用可能だ。

iPadのユーザーは、iOS4.2を導入することにより、お気に入りのアプリケーションを瞬時に切り替えて使うことができる。さらに、フォルダ機能を使い、シンプルなドラッグ・アンド・ドロップでアプリケーションを整頓することができるほか、Mailアプリケーションには、統合インボックス、受信トレイの素早い切り替えや、メッセージのスレッド表示などの機能を使うことができる。

iOS4.2で注目の機能を見ていこう。

●友達とゲームで対戦できる - Game Center
Game Centerでは、iPad、iPhone、iPod touchのユーザーが友達に挑戦したり、自動的に新しい対戦相手を見つけることができるほか、自分のスコアや成績を公表したり、友達がプレイしている新しいゲームを発見することもできる。

●Apple TVにビデオを配信できる - AirPlay
iOS 4.2の目玉とも言えるのが、AirPlay機能だ。AirPlayはiPad、iPhone、iPod touchから音楽、ビデオ、写真をワイヤレスでApple TVにストリーミングする新機能で、これによりApple TVはiPad、iPhone、iPod touchの周辺機器として使うことができる。

ユーザーは、AirMac ExpressとAirPlayを使用することで、さまざまなステレオやスピーカーにワイヤレスでストリーミングできるようになるほか、今後市販される予定のAirPlay対応のスピーカーに直接ストリーミングできるようにもなる。

●無線で印刷が可能になった - AirPrint
AirPrintは、プリンタドライバなしで印刷を可能とする、次世代のWi-Fiプリントアーキテクチャだ。HP Photosmart、HP Laserjet ProそしてHP OfficejetをはじめとするAirPrintをサポートするプリンタを使うと、iOSデバイスから直接プリントできるようになる。

iPad、iPhone、iPod touchのユーザーは、タップするだけで書類や写真をAirPrintをサポートするプリンタからワイヤレスでプリントすることができる。

●端末紛失時の強い味方 - 探す機能
iPadやiPhone、iPod touchを紛失してしまったときにどこにあるかを探してくれる「iPhone(iPad、iPod touch)を探す」機能はMobileMeに加入しなくても無料で使えるようになった。「iPhoneを探す」アプリケーションはApp Storeから無料でダウンロードすることができる。

ユーザーは紛失したデバイスを地図上で簡単に探し出し、それにメッセージを表示させたり、アラーム音を鳴らしたりすることができる。またプライバシーを守るために、紛失したデバイスをリモートでロックしたり、データを消去してしまうことも可能だ。
posted by ネット/家電を極めたい! at 23:00| Comment(0) | iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
出会い女性登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。